无标题文档

新疆カナス地区 雪が利益もたらす

2018-01-09 | ソース:チャイナネット

  新年に入り、新疆ウイグル自治区北部が雪に覆われ、銀色の世界で生活する住民も利益を得ている。有名な観光地で「仙境」と称されるカナスの冬観光は人気がある。交通や宿泊などの環境が改善されたのに伴い、多くの観光客が「ユートピア」の雰囲気を味わうために冬にアルタイ山の奥地を訪れるようになっている。カザフ族の遊牧民の莎吾琳奇肯さんはカナス地区禾木村の美麗峰の麓で遊牧民の生活を体験出来る「迪娜小屋」を経営している。以前はこの小屋は夏と秋にしか観光客を受け入れていなかったが、現在は冬も忙しくなっている。2017年11月以降、300~400人が利用し、約1万元の収入を得た。莎吾琳奇肯さんの家で、観光客は地元のカザフ族グルメ「馬肉納仁」やコクのあるミルクティーを味わうことができる。莎吾琳奇肯さんは、「ここ数年の観光収入は2万元に達し、全収入の半分を占めた。カナス地区は夏だけでなく、1年中素晴らしい」と話す。冬観光は静かだったカナス地区を賑やかにし、地元住民は冬の遊牧生活体験や民宿を開き、民族的特徴のあるサービスを行い、民族文化を紹介しながら利益を得ている。