无标题文档

メタンハイドレート、産業化を加速へ

2018-01-26 | ソース:チャイナネット

日本語辞書:

 23日の全国地質調査活動会議で発表された情報によると、中国は今年、メタンハイドレートの産業化の推進を加速する。

 中国地質調査局の王研副局長は「中国は今年、メタンハイドレート産業化の推進を加速する。関連部門との協力を強化し、南中国海の『神狐海域』などのメタンハイドレート先導試験区の建設推進に力を注ぐ。同時にメタンハイドレート資源評価及び環境調査を強化し、重要技術の研究開発を展開する」と話した。

 王氏は「中国は今年、長江経済ベルトのシェールガス調査を強化し、湖北省西部の生産能力100億立方メートル級シェールガス調査・開発模範基地の建設推進を加速する」と表明した。

 情報によると、中国は2018年に重点地域の地熱調査の推進を加速する。雄安新区、北京副都心、天津市東麗区を重点とし、中深層地熱開発の新たな空間を切り開く。タリム盆地、銀額盆地、オルドス盆地などの新しいエリア・層・分野の油ガス資源調査を引き続き展開し、有利な目標区を選び、新たな進展を目指す。

 また中国は北方の砂岩型ウラン鉱石の調査を行う。松遼、オルドス、二連などの盆地のウラン鉱石の地質調査を続け、深部ウラン鉱石資源探査を強化し、代表的なウラン含有盆地の資源の潜在力を評価し、重要技術の難関突破に取り組む。

 鉱物調査突破戦略行動の推進で、中国はグリーンな調査を力強く推進する。資源集中区の資源潜在力、経済技術条件、生態環境への影響の「三位一体型」総合評価を強化する。戦略的新興産業と不足する大口鉱産物の調査と評価を強化し、重要調査・採掘区での重大な進展を目指し、鉱物調査突破戦略行動の第3段階の目標達成を保証する。また国家油ガス調査・開発体制改革の試行を支える。引き続き油ガス、シェールガスの有利な地域を選び、新疆油ガス落札エリア、南方シェールガス落札エリアの調査を推進する。 

 さらに中国は今年、海洋地質調査を強化する。中国が管轄する海域の100万分の1スケールの海洋地質調査の成果の集約を終え、25万分の1スケールの三沙などの海洋地質調査を継続する。沿岸水域の地質調査を強化する。省別沿岸水域地質調査報告・地図を作成し、粤港澳大湾区や北部湾などの重点エリアの陸海統一・総合地質調査の試行を展開する。