无标题文档

新疆 約347万ヘクタールの耕地で節水灌漑を実現

2018-02-22 | ソース:国際在線

日本語辞書:

 新疆ウイグル自治区の水利庁は18日、効果的な節水灌漑技術の普及によって、自治区内の約5200万ムー(約347万ヘクタール)の耕地で節水灌漑が実現し、農業生産や経営方式の変革を促していると明らかにしました。
 全国節水灌漑モデル基地である新疆生産建設兵団では、点滴灌漑という手法による節水灌漑が、水稲、小麦、綿花や、ブドウをはじめとする果樹など、ほぼすべての農作物の栽培に利用されています。 
 点滴灌漑技術の向上に伴って、現代農業の総合的な水準が高まっています。農業の経済効果も2.9倍底上げされ、約50%の節水を果たしています。