无标题文档

北斗農機自動運転システムが数千万平方メートルの耕作地をカバー

2018-05-30 | ソース:人民網

日本語辞書:

 第9回中国衛星測位学術年次総会で発表された情報によると、国内初の北斗衛星測位システム農機自動運転システムが10ヶ所以上の地域で応用されており、あわせて数千万平方メートルの耕作地をカバーしていることが明らかになった。人民網が伝えた。
 年次総会組織委員会のメンバーで、北斗衛星測位システムの農業分野における高精度応用に取り組む北京合衆思壮科技股フン有限公司(フンはにんべんに分)の郭信平会長は、「中国が初めて完全に独自に開発した北斗衛星測位システム農機自動運転システム『慧農』は現在、新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区、河北省など10ヶ所以上の地域で積極的に展開しており、応用が進められている。1台あたりの1日平均作業量は、人による操縦の2−3倍に達する。作業シーズンあたりの1台のコスト削減・増収効果は3000元(1元は約17.02円)にのぼる」と説明した。
 2017年、青島海水稲研究開発センターは塩分0.6%の海水を使い、300種以上のアルカリに強い交雑水稲に対して全生育周期の灌漑を実施し、うちコード番号「YC0045」は1ムーあたり収穫量が620.95キログラムに達した。
 また青島海水稲研究開発センターは同日、アラブ首長国連邦ドバイの荒漠での海水稲栽培および稲作改良プロジェクトは第1陣品種の実験を終え、うち1種類の1ムーあたり収穫量が500キログラムに達したと発表した。