无标题文档

欧米メディアから非難されている新疆職業訓練センターの実態とは?

2018-10-24 | ソース:人民網

日本語辞書:

記者が教室に入ると、起立し、「先生こんにちは」と挨拶する于田県職業技能教育訓練センターの小学生たち(10月20日、撮影・範凌志)。

茶葉の梱包をする于田県職業技能教育訓練センター茶葉工場の女性職員(10月20日、撮影・範凌志)。


茶葉の梱包をする于田県職業技能教育訓練センター茶葉工場の女性職員(10月20日、撮影・範凌志)。

于田県職業技能教育訓練センター茶葉工場で茶葉の袋詰めをする女性職員(10月20日、撮影・範凌志)。

 新疆維吾爾(ウイグル)自治区和田(ホータン)地区にある于田県職業技能教育訓練センターの校門には「職を求める人から、職場から必要とされる人へ」というスローガンが掲げられている。20日に同センターを取材する際、一部欧米メディアからはいまだに「恐ろしい」や「監禁」といった言葉で表現され、「強制収容所」のようだと言われているこの職業訓練センターとは一体どういうところなのだろうかという思いを抱いていた。しかし実際に訪れ、学生や職員、企業代表の声を聴いてみると、学生の買提庫爾班さんが言うところの「ここでは、またキャンパスに戻った気分になれる」という言葉がまさに同センターの実態を余すところなく表していると言えるだろう。環球網が伝えた。(編集TK)