无标题文档

新疆の安定維持措置に客観的視線を=外交部

2018-12-25 | ソース:CRI

日本語辞書:

 新疆ウイグル自治区の安定維持を目的とする中国政府の措置に対する一部の西側国家の政府筋やメディアの報道について、外交部の華春瑩報道官は24日、「新疆ウイグル自治区の安定維持措置については、イデオロギーによる偏見を無くし、客観的かつ公正にそれらを捉えてもらいたい」と呼びかけました。
 これは、米「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙が先頃、過去1年間にわたり、中国政府が新疆ウイグル自治区でイスラム教徒に対する大規模な監視、拘束、同化政策を展開し、さらにこのやり方を他のイスラム地域に広めようとしているとの報道を行ったことに対し、華報道官が会見の場でそれを否定して述べたものです。華報道官はまた、「一部の西側の国やメディアは根本的な間違いを犯している。彼らは論理のすげ替えを行い、新疆における地域の安定維持や極端主義の排除に向けた中国政府の努力をイスラム教徒やウイグル族への迫害と見なしている」と指摘しました。(閣、む)