无标题文档

紅柳河・淖毛湖鉄道が開通=新疆ウイグル自治区

2019-01-08 | ソース:CRI

日本語辞書:


  3日正午12時、貨物3700トンを乗せた貨物列車「紅淖1号」が新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)の淖毛湖駅から、甘粛省方面に向かって出発しました。終着点は重慶です。この路線のうちの紅柳河-淖毛湖間の全長435.6キロの鉄道が、このほど開通した紅-淖鉄道にあたります。この鉄道は総投資額が108億6800万元に上るもので、国の建設許可取得後、初めて民間資本主導によって建設が進められ、国家中長期道路網計画に組入れられた電化鉄道路線です。 

 竣工後、紅-淖鉄道は甘粛省蘭州市と新疆ウイグル自治区阿拉山口市を結ぶ路線、哈密と内蒙古自治区臨河を結ぶ路線とそれぞれ乗り入れを行い、河西回廊(黄河の西側、シルクロードの一部)、四川省及び重慶市、内蒙古、北京・天津・河北へとつながります。この路線の開通は、新疆ウイグル自治区の物資輸送ルートをさらに拡大するものとなります。(殷、む)