无标题文档

「新疆人権事業発展の成果」テーマ会議を開催=ジュネーブ

2019-03-15 | ソース:CRI

日本語辞書:

 国連人権理事会第40回会議の会期中の13日、中国のジュネーブ駐在国連代表団と中国人権研究会は、現地で「新疆人権事業発展成果」テーマ関連会議を開き、新疆ウイグル自治区の実情を紹介し、一部の事実無根な情報について、関連事実を明らかにしました。

 国連ジュネーブ事務局などに駐在する中国の兪建華代表は席上発言し、「現在、新疆の発展は史上最も速く、最も安定した時期にある。一部の勢力は中国政府の顔に泥を塗ろうとしているが、そうした事実の歪曲と攻撃は徒労にしかならない。我々は新疆が再びテロリズムと極端勢力の横行する時代に戻ることを決して許さないし、幸せで安定した暮らしを新疆の人々から奪おうとするそれら勢力の行いを決して許さない」と強調しました。

 今回の関連会議には70余国から200人近い外交官や国際組織の役員らが出席しました。(Mou)