无标题文档

新疆男性の刺繍への思い

2019-07-08 | ソース:

日本語辞書:

 ハミ伝統工芸作業ステーションの陶家宮刺繍工房で、新しい注文を刺繍娘に渡し、作業の要領を教えるカダル・ルフマンさん(6月28日)

 新疆ウイグル自治区ハミ市のある村に、伝統の刺繍をこよなく愛するカダル・ルフマンさんという男性がいる。手先が器用なことから、地元で「男繍郎」として有名である。

 カダルさんの刺繍への情熱は家庭環境の影響が大きい。彼の故郷であるハミ市で、刺繍は伝統手工芸である。彼の母親と姉も刺繍娘として有名で、カダルさんは幼い頃によい影響を受け、7歳の時には簡単な刺繍の花の絵を描けるようになった。

 カダルさんは、家庭の思わぬできごとがきっかけで刺繍の道に進むことを決意した。35歳の時、彼の姉が病死し、親思いのカダルさんはは姉の代わりに家の刺繍技術を受け継ぐことを決めた。

 現在、カダルさんは刺繍ビジネスで一定の収入を得ているだけでなく、周辺の村の100人以上の「刺繍娘」からなる専門の刺繍チームを結成し、クッション、帽子、チャイナドレスなど300種以上の民族刺繍商品をデザインした。

 カダルさんは、「ハミの刺繍は中原と西域の特徴を融合している。これを伝承し、より多くの人にハミの伝統の刺繍を知ってもらいたい」と話した。