无标题文档

世界最大の乾熱総合性自動車試験場が新疆で運営開始

2019-08-02 | ソース:チャイナネット

日本語辞書:

 7月31日、新疆ウイグル自治区トルファン市で、世界最大の乾熱総合性自動車試験場が運営を開始した。
 同プロジェクトた上汽フォルクスワーゲン新疆(トルファン)試験センターで、敷地面積は23.3平方キロメートル、サッカー場3270個分に相当する。トルファン盆地は「火の州」と称され、夏の地表温度は最高83度、冬の最低気温はマイナス30度に達する。そのほか、同センターがある地域は主にアルカリ性の荒漠である。複雑な地質環境にどのように試験場を建設するかは、世界的な課題である。
 建設請負業者の中鉄四局集団第一工程有限公司の技術者は、課題を克服するため、技術者は主に以下の3方面の飛躍を実現したと紹介した。
 1つ目は、路床に「フィルムを施す」。トルファンでよく見られるアスファルト高速道路の病害の種類を調査研究し、技術者は路床を掘って詰替え作業をし、複合ジオメンブレンを増設し、もとの地面の下から全体を包み、アルカリと水の進入を遮断した。
 2つ目は、ローラー車の「パートナー探し」。技術者によると、同試験センターの高速ループ曲線区間は広い(斜面の比率は21%)横向きの片側斜面で、国内初の超大斜面の採用、世界最大の超大斜面の試験場高速ループだが、国内には熟練の技術と完全な工事設備がない。技術者は通常のローラー車を改装し、被牽引設備を増やし、情報化システムを応用してロードローラーと牽引設備の併用問題を解決した。工事では、1台の牽引設備が側面から斜面のローラー車を引っ張り、同時に前進する。
 3つ目は、アスファルトの「詳しい研究調査」。トルファンは乾燥し気温が高く、温度差が大きく、紫外線が強いなどの気候の特徴を有し、プロジェクトの技術チームは長安大学と共同で「大気温差気候地区自動車試験場路面構造と材料耐久性研究』、『自動車試験場超大斜面道路総合工事技術研究』の2つの科学研究プロジェクトを実施。国際的な「PG」アスファルト等級技術を利用し、新疆のアスファルト道路を広く深く調査研究し、アスファルト混合材高温粘弾性構成パターンを構築し、多種の組み合わせを通してパターン分析し、高温・温度差に最も適したアスファルト混合材の配合を選択した。