无标题文档

新疆 2世代のザクロ栽培の物語

2019-09-10 | ソース:

日本語辞書:

  8月31日、新疆ウイグル自治区喀什市伯什克然木郷葉汗里村で、自分のザクロ園にいる艾力江さん

  新疆南部はウリ科の果物が熟す時期にあり、喀什市伯什克然木郷葉汗里村の果樹園ではザクロが豊満になり、農民の艾力江・吾普爾さんは親から受け継いだこの3ムーにわたるザクロ園を世話している。
  艾力江さんの両親は1年の半分以上はここで作業し、アルバイトで収入を増やすことができなかった。収穫の時期になると、交通が不便なため、彼らはザクロを集中買付けに来た外地の業者に低価格で販売するしかない。果物農家の苦境を改善するため、現地はザクロ収穫園の計画を制定し、農民が各自経営していたザクロ園を統一管理し、専門的な農業技術者を指導に派遣し、ザクロの生産量を増やし、効率を高めた。2018年、現地は第1回ザクロ収穫祭を行い、買い付け価格1キロ8元だったザクロは、観光客が収穫することで1キロ15~20元に上昇。艾力江さんのザクロの6割が収穫に訪れた観光客に消化され、年収は約3万元増加した。最近、艾力江さんは50ムーの土地を請け負い、2020年には栽培面積を広げ、現地の貧困者を栽培園で雇用し、彼らの貧困脱却と収入増加を後押ししたいと考えている。