无标题文档

新疆訪問のアフリカ駐中国使節ら、社会の調和を称賛

2019-09-19 | ソース:CRI

日本語辞書:

 新疆ウイグル自治区人民政府の招きに応じ、9月9日から12日にかけて、ブルンジ、ウガンダ、南アフリカ、ブルキナファソなどアフリカ16カ国とアフリカ連合(AU)の駐中国使節団が、ウルムチ、トルファンなどを視察するため新疆を訪問しました。住宅団地、職業技能教育研修センター、モスク、企業などを見学した使節団は、新疆における社会の調和と発展、信仰の自由の保護、少数民族の伝統文化の継承、テロ取締りおよび過激化対策などの取組みとその成果を賞賛し、「アフリカ諸国は、テロ取締りと過激化対策について中国との交流と協力を深めるべき」と表明しました。

 使節団一行はまた、「新疆ウイグル自治区政府による、民族団結の促進と社会の調和の維持に向けた取り組みは、ポジティブな進展を収めると同時に文化の発展を力強く促し、民族の団結に利するとともに、国家の発展にプラスの影響を及ぼしている」との見方を示した上で、「新疆は暴力とテロリズムの取締りで多くの効果的な方法を導入し、若者が正しい道を歩むよう導いている。新疆教育研修センターについての偽りに満ちた報道から、一部西側メディアの偽善的な一面が露呈している」と指摘しました。(Yan、謙)