无标题文档

「ニューヨーク・タイムズ」、またもや小説の手法で新疆の雇用を報道している

2020-01-06 | ソース:CRI

日本語辞書:

 米国紙「ニューヨーク・タイムズ」が数日前に、中国新疆の地元政府がいわゆる「職業改造」により、ウイグル族など少数民族の住民に労働を強制したと報じた。このような指摘は基本的常識に欠けており、基本的事実を省みず、地元政府による通常の貧困扶助と雇用創出を意図的に歪曲している。

 事実が十分に証明したように、就業チャンスの提供で生活困窮者を助けるやり方が、新疆の人々の暮らしを改善し、過激思想の浸透を効果的に抑止し、新疆の繁栄と安定を守ってきている。しかし、根強い反中イデオロギーの影響を受け、「ニューヨーク・タイムズ」など西側のメディアは、「客観性・公正性」という報道倫理に背き、小説の手法で「憐れな個別事例」をでっち上げ、中国の新疆政策に泥を塗り、新疆の少数民族と地元政府との対立を煽りたて、国際社会を欺こうとしている。

 しかし、真相は隠しきる事ができない。2020年の幕はすでに開いており、新疆は中国の他の地区と同じ歩調で貧困から全面的に抜き出し、さらなる繁栄と安定に向かっていく。事実を前に、西側一部メディアのでっち上げ報道は笑いものでしかならない。(CRI論説員)