无标题文档

新疆・ボステン湖の湖畔に約50基の氷と雪の彫刻

2020-01-09 | ソース:人民網日本語版

日本語辞書:

 唐代に経典を求めて天竺へと旅した玄奘三蔵、白雪姫と7人の小人たち……間もなく開幕する第12回氷雪祭りを前に、新疆維吾爾(ウイグル)自治区博湖県にある中国の内陸部で最大の淡水湖である博斯騰(ボステン)湖の湖畔では、氷雪祭りに訪れる観光客のために50基近くの氷や雪の大型彫刻が製作されていた。なかでも見どころになっているのが、鼠年をテーマにし、縁起のいいモチーフを題材にした「五鼠献瑞・年年有魚」という氷と雪の彫刻だ。この彫刻は全体がまるで「百鼠献瑞図」のようになっており、長さは18メートル、幅8メートル、高さ8メートル。背景には万里の長城や美しい山河などが彫刻されており、各地からの観光客の2020年における幸福と豊かさ、仕事の面での成功という願いが込められている。中国新聞網が伝えた。(編集AK)