无标题文档

「死の海」で地球のCT検査をする物理調査員

2020-01-15 | ソース:チャイナネット

日本語辞書:

 

 

 1月11日、タクラマカン中心部の地震採集計器車停車地点(ドローンで撮影)。地球物理調査は石油ガス開発の最初の一歩であり、地球のCT検査と言える。物理調査員は厳格な測線規定に基づき、適切な位置を掘削し、振動させて地震波データを測定する。科学研究員はデータをもとに「CTチップ」を作成し、地下の地質構造を見て石油または天然ガスの埋蔵場所を確認する。2019年10月、東方地球物理探査有限責任公司タリム物理探査処2113チームは、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地で中古14-21、塔中2の2エリアの地震立体調査を開始した。約2000人の作業員が2020年4月まで1000平方メートル範囲を調査する。彼らがタクラマカン砂漠の奥地で新年を迎えるのは14年連続となる。石油と天然ガス資源が豊富にあるタクラマカン砂漠は「死の海」と称され、乾燥した気候で、年間降水量は50ミリ以下、冬の地表の最低温度はマイナス30度を下回り、世界で石油ガス調査が最も困難な地域の1つである。風が強い時期を避けるため、物理調査作業員は毎年9月か10月に砂漠に入り、翌年4月まで黄砂と極寒の中で毎日汗水を流して作業し、祖国のために石油とガスを探している。