无标题文档

米国の人権問題利用による中国への内政干渉を批判=外交部

2020-03-13 | ソース:CRI

日本語辞書:

 米国務省は11日に「2019年国別人権報告書」を発表し、ポンペオ米国務長官はその記者会見で中国の人権状況や新疆政策を非難しました。これを受けて、外交部の耿爽報道官は12日の定例記者会見で「まったく事実にそぐわない古い論調で、是非をうやむやにしている。これに断固反対する。直ちに過ちを反省して是正し、人権問題を利用して中国内政に干渉することをやめるよう米国側に要求する。そうでなければ、中国人民からの猛反対を受けることになる」と訴えました。
 耿報道官は「中国の人権状況は史上最高の時期にある。中国人民はこのことについて最も発言権があり、国際社会からの評価も受けている。新疆事務はまったく中国の内政であり、如何なる外部勢力からの干渉も許さない」と述べました。(Lin、CK)