无标题文档

華麗な変貌を遂げた「蝶の夢」

2020-05-19 | ソース:チャイナネット

日本語辞書:

  
   吉木薩爾県の七彩蝶園で、蝶の標本を作る関富雲さん(5月15日)。関富雲さんの七彩蝶園で、観光客はひらひらと舞う蝶に間近で触れるだけでなく、蛹を破り蝶になる過程を観察することもできる。今年34歳の関富雲さんは9年かけて「蝶の夢」を実現させ、美しい変貌を遂げた。関富雲さんは新疆ウイグル自治区吉木薩爾県の北地コミュニティに住んでいる。2011年、彼は農業富裕化の番組を目にし、蝶を養殖することを思いついた。関富雲さんは、当時、蝶の養殖は新興産業で、「まずやってみよう」という気持ちで海南省に行き3カ月間学び、100匹以上の幼虫を持ち帰って自宅で試験的に養殖したと話す。蝶は色が艶やかで、生きた蝶は結婚式やオープンセレモニーなどの活動で使用され、良好な収益が見込める。しかし、寿命が短く、彼は利益をどのように最大化し、その美しさを残すかを考え、標本と蝶の羽のアートを制作することを思いついた。
 関富雲さんは、「養殖と異なり、蝶の羽のアートは創作であり、標本の選択から貼り付けるまで、どの工程にもセンスが求められる。色が艶やかで生き生きとした蝶の羽のアートの制作には何日もかかる」と紹介した。現在、彼の生きた蝶と蝶の羽のアートはオンライン・オフラインで販売され、北京や廈門などにも発送されている。彼の商品は市場で認められ、政府からの支持も得ている。2019年、吉木薩爾県は泉子街鎮に蝶観賞園を設立し、多くの観光客が見物に訪れている。今後の発展について、関富雲さんは「蝶産業を天山の南北に発展させ、寒い冬でも蝶を観賞できるようにしたい。多くの人が参入し、裕福になり貧困から脱却できることを望んでいる」と自信を示した。