无标题文档

新疆の人口の真の状況をはっきりと示した学術報告

2021-01-08 | ソース:人民網日本語版

日本語辞書:

 新疆大学の公式ウェブサイトにこのほど「人権保障のコンテクストにおける米国の対新疆干渉についての分析--新疆の人口の視点からの調査研究報告」(以下、「報告」)が掲載された。「報告」は新疆の人口の状況について事実を整理することで、新疆の人口の真の状況をはっきりと示し、ドイツの反中学者Adrian Zenz氏による中国の新疆のイメージを毀損する言論に反論している。中国新聞社が伝えた。

 「報告」は、「新疆は現在、最良の発展時期にある。だが中国の新疆に濡れ衣を着せる世論攻勢において、ある学者達は学術とは名ばかりの非科学的な活動をしている。2020年6月、ドイツの学者・Adrian Zenz氏は米ジェームズタウン財団を通じて研究報告『新疆における中国のバースコントロール及び不妊手術強制計画』を発表した。これは事実を顧みず、黒を白と言いくるめるような主張の数々や詳細不明でソースも不明な情報やデータに満ちており、新疆の人口の状況を歪曲するものだ」とした。

 「報告」は公式統計から新疆の各年末の総人口の推移を比較。2010年は2181万5800人、2018年は2486万7600人であり、2010年と比べて2018年の人口は305万1800人増加していた。具体的に見るとウイグル族は254万6900人、漢族は17万6900人増加していた。

 新疆各民族の人々の健康権も力強く保障されている。新疆統計局のまとめによると、新疆の人口死亡率は1949年の20.82‰から2018年には4.56‰まで16.26ポイント低下している。

 また、1978年から2018年までの40年間を見ると、新疆地域の男女構成比は比較的均衡が保たれており、変動が少ない。そのため、新疆では新生児の性別をコントロールするような事実は存在しないと「報告」は指摘している。

 1978年以降、新疆地域の普通大学の在校生数は年々増えており、特に2000年以降は基本的に増加の一途であることが統計から分かる。この事実とデータも、新疆各民族の人々の教育を受ける権利が力強く保障されていることを間接的に示している。

 「報告」は、「人権の尊重と保障は中国憲法の原則であり、現在中国の新疆の人権事業は新たな発展と進歩を遂げ続けている。イデオロギー的偏見によるのであれ、他の隠された目的によるのであれ、西側の政治屋や反中『学者』達が力の限りでっち上げる新疆や中国関連の様々なデマは、いかに美化して包もうとも、最後には事実によって暴かれる」と指摘した。(編集NA)