无标题文档

国連人権理事会で多くの国の代表が中国支持の声を上げる

2021-03-03 | ソース:CRI

日本語辞書:

 このほど、国連人権理事会第46回会議で多くの国の代表が新疆、香港にかかわる問題について中国側を支持し、関係国による中国の内政への干渉に反対し、感染症との戦いにおける中国の成果を賞賛する発言を行いました。

 ベネズエラは中国の新疆ウイグル自治区が『国連グローバル対テロ戦略』に基づいてテロに対する予防的措置をとり、積極的な成果を収めたことを賞賛するとともに、「香港は中国の不可分の一部であり、香港問題は完全に中国の内政に属するもので、関係国は『国連憲章』の趣旨と原則を厳守し、香港問題への干渉を停止すべきだ」と表明しました。

 朝鮮は、「中国が主権、安全、発展の利益を擁護し、人権の保護と促進のために取った措置を支持し、関係国が新疆ウイグル自治区、香港問題を口実にして中国の内政に干渉することに断固反対する」と表明しました。

 スリランカは人権問題でダブルスタンダードをとるやり方に反対し、中国の新疆ウイグル自治区が経済、社会の発展を積極的に推進し、社会の安定を保ち、各民族人民のもろもろの人権を保障していることを賞賛し、「香港問題は完全に中国の内政であり、外部勢力は干渉すべきではない。中国が香港で『一国二制度』を実施することを支持する」と表明しました。

 南スーダンは「中国新疆ウイグル自治区が人々の生命権および健康に暮らす権利を最優先し、感染症の予防と抑制活動が重大な成果を収め、感染症の蔓延を効果的に抑制して、人々の生命と健康を最大限に保護したことを賞賛する」と表明しました。

 このほか、ラオス、ブルンジ、バヌアツ、チャド、バルバドス、アルメニアなどの代表のいずれもが中国を支持すると発言しました。(雲、坂下)