无标题文档

江西省九江から初の「中欧班列」が出発

2021-09-02 | ソース:人民網日本語版

日本語辞書:

 江西省北部から出発した初の中欧班列(撮影・胡国林)。
 紡績品や布、アパレル、家具などの日用生活物資が満載された国際定期貨物列車「中欧班列」が8月28日、江西省九江市を出発した。同列車は、新疆維吾爾(ウイグル)自治区伊犁哈薩克(イリ・カザフ)自治州霍城(かくじょう)県にある霍爾果斯(コルガス)港から出国し、一路カザフスタンに向かい、カザフスタン・アルティンコリ駅で貨物の仕分けが行われて中央アジア各地に輸送される。これは、江西省北部から出発した初の中欧班列となった。

 同列車はコンテナ計50基を輸送し、貨物は総重量1200トン、総額1500万ドル(1ドルは約109.7円)にのぼる。貨物は江西省九江南駅に集められて仕分けされた後、鉄道輸送で出国し、約4500キロメートルの距離を約7日かけて輸送される。(編集KM)