无标题文档

米国人は米国を信じず、新疆の嘘を暴いた者はどうなったか?

2022-01-11 | ソース:CRI

日本語辞書:

 ますます多くの人が米国の政治操作の手口を見極められるようになっています。その中には米国人も含まれています。意外なことに、真実を知って正しい選択をしたにすぎない米国人は、米国で米国人に攻撃されています。

 その人物とは?その人の死亡は、新疆の真実の伝播を阻止することと、どんな関係があるのでしょうか。

 米国人ジャーナリストのアンドレ・ヴェルチェクさんは、香港の若者に公開書簡を送り、米国に利用されないよう訴えたことがあります。また、外国メディアの中国を対象とする攻撃は計画的なフェイクニュースだと直言し、ノーム・チョムスキーと対談して民主帝国の戦争、嘘、殺戮を明るみにする本を書きました。しかし、2020年9月22日の休暇中、彼は突然「不審死」してしまいます。

 ヴェルチェクさんは新疆の話題にも注目していました。まず新疆を攻撃するフェイクニュースの源を調べ、すべてが西側が計画的に中国を破壊しようとしていると直言しました。ヴェルチェクさんはシリアの反テロ情勢の前線に行き、東トルキスタンに殺害された人の遺族に話を聞き、東トルキスタンのテロ勢力を攻撃しているシリア政府軍の指揮官の向かいに座りました。この指揮官は「東トルキスタンの背後には米国と西側の支援があり、米国の情報機関はシリアにいる」とヴェルチェクさんに教えました。そこで、ヴェルチェクさんはテロリストの育成ルートを調査して見つけました。

 メールを10通交わした後、ヴェルチェクさんの妻、ロッシエさん(Rossie)はようやくインタビューに応じてくれました。2020年9月22日未明にヴェルチェクさんを乗せてトルコ国内を走っていたあのバスで何が起こったか、彼女の話からその真相が見えてきました。

 ロッシエさんによると、ヴェルチェクさんは、亡くなるだいぶ前から体調を崩していました。しかし、彼は病院に行くことを拒んでいました。西側の医療機関が怖かったそうです。その病院に入れば、何を食べさせられるか、何を注射されるか、自分でコントロールできなくなります。それよりも、仕事中に死んだほうがましだと言っていたそうです。(李陽、CK)