无标题文档

新疆の状況は実際に見れば分かる

2022-01-12 | ソース:人民網日本語版

日本語辞書:

 在大阪中華人民共和国総領事館は5日、2021年12月2日に始まった「新疆は良いところーーコロナ後の中国新疆ツアー大募集」が日本社会各界の注目を浴び、短時間で日本国内から1028人からの応募を受け、日本国民の新疆ツアーに対する興味と期待を物語っていると伝えた。

 薛剣総領事は「新疆は良いところだが、近年、新疆にまつわる中傷が相次いでいる。このため、新疆と中国のイメージがひどく損なわれている。コロナ後に日本国民を招いて、新疆観光を行う目的はより多くの人たちが実際に新疆を見ることによって、相互理解を深めることだ」と述べた。

 ここ数年、米国をはじめとする西側の国は新疆を歪曲することにやっきになっている。西側諸国は、中国政府が新疆に「ジェノサイド」を実施し、強制収容所を設置しているというデマを広め、さらにいわゆるウイグル強制労働防止法を成立させ、新疆製品の輸入を禁止している。

 一部の日本メディアは新疆を歪曲する報道を行ない、双方の誤解を招いている。このほど、まだ未就任のラーム・エマニュエル駐日米国大使は日本メディアのインタビューに対し、「中国は『良い隣人』でもなければ、地域利益を発展させる存在でもない」と中国を強く警戒した。

 中国には古い言葉がある。「他人を騙すことは自らを騙すことであり、また自らを騙す最も悪質な行為である」。特に下心のある者が中国をめぐるデマを拡散すれば、自国の人々、全世界の人々を騙せないだけでなく、結局は自分を陥れることになる。

 地域、言葉、文化は異なれど、道理は通じている。「新疆は良いところーーコロナ後の中国新疆ツアー大募集」はSNS上で、日本のネットユーザーから注目されている。「ごく短時間で千人以上が応募するとはすごい」「上海から高速列車に乗って、ウルムチに行ってみたい。現代のシルクロードを体験したい」「間に合わなかったが、チャンスがあれば行ってみたい」などというコメントが多い。

 ここ数年、米国をはじめとする西側諸国は新疆にまつわるデマを広め、深い誤解を招いたほか、新疆のイメージをひどく損なった。今回の大募集はそんな歪曲行為への反撃だと言えよう。在大阪総領事館は独特な現地体験活動を企画したとも言える。強制収容所にしても、ジェノサイドにしても、ありもしない作り話は、反論せずとも自ら崩れ去るに違いない。偽物はいつになっても本物にはなれない。西側の政治屋の悪意を持ち、わざと歪曲しようという行為は長く続かない。新疆の美しさは誰の目にも明らかで、人々の心を揺さぶるものだ。大勢の日本国民は待ちきれないほど新疆ツアーに期待している。ツアーに参加する日本国民は実際に新疆を体験した後、おそらく新疆を紹介する使者になるだろう。また、新疆の巨大な変化を見て、新疆の美しい景色とグルメを体験した人々の声はデマを除去することにつながるだろう。

 過去数年間、100以上の国や地域から1000人以上の外交官や記者たちが新疆を訪れ、現地のすばらしさを体験している。日本人は他人を騙すことはないだろう。新疆を良いスタートとして、理性を持つ人たちが自分の目と耳で本当の中国を実感する日はそう遠くないだろう。