无标题文档

国連人権理事会 約70カ国が人権を口実にした中国内政への干渉に反対

2022-06-16 | ソース:チャイナネット

日本語辞書:

 第50回国連人権理事会がジュネーブで開かれている。14日、キューバをはじめとする約70カ国は共同声明を発表し、各国の主権、独立、領土保全を尊重し、主権国の内政に干渉しないことは国際関係の基本準則で、新疆、香港、西蔵問題は中国の内政であり、人権問題の政治利用とダブルスタンダード、人権を口実にした中国の内政への干渉に反対すると主張した。

 共同声明は、各方面は国連憲章の主旨と原則を守り、普遍的、公平的、客観的、非選択的などの原則を遵守し、各国人民の国情に合わせた発展の自主選択権を尊重し、各種の人権、特に経済、社会、文化の権利と発展権を同等に重視すべきだとした。

 そのほか、20カ国以上が単独発言などの方式で中国を支持し、100近くの国が様々な方式で中国の正当な立場に理解と支持を示した。