无标题文档

「強制労働」は事実の歪曲、「新疆で中国を制する」狙いが米国を苦しめる

2022-08-01 | ソース:

日本語辞書:

 米国でこのほど「ウイグル強制労働防止法」が施行された。同法案によると、企業が製品についていわゆる「強制労働」によって作られていないという「明確かつ説得力のある証拠」を提出しない限り、米国は新疆製品の輸入を禁止し、問題のある製品の押収、排除、差し止めを行う。同法案は米国政府のロングアーム法を適用するもので、人権保護を口実にした人権無視、ルールを口実にしたルール破りの動かぬ証拠だ。中国の主権に干渉し、国際法の基本原則に違反し、国際法を踏みにじって軽視しながら露骨な強奪と恐喝を行うことになる。

 「強制労働」問題において米国の狙いは他にある。中国の産業チェーンを移転させ、中国の「ハード・デカップリング」によって「新疆を使って中国を制圧する」のが目的だ。

 皮肉なことに米国が新疆製品の輸入を禁止した後、新疆地区の対米輸出は減少するどころか増加し、今年第1四半期は前年同期比113%増となった。米ワーカーズ・ライツ・コンソーシアム(WRC)の推計によると、米国は新疆の綿花を使った衣類を毎年15億着以上、金額にして200億ドル以上を輸入しているという。市場経済の法則に反する悪法の「ウイグル強制労働防止法」は最終的に必ず米国自身にかみつくことになり、米国の企業や消費者の利益を損ねるだろう。『ウォール・ストリート・ジャーナル』はこのほど、同法案が企業に「潔白の証明」を求めているため、中国に進出している米国企業の一部は規制の負担が最終的に中小企業に及ぶことを懸念していると報じた。『ニューヨーク・タイムズ』は貿易専門家の話を引用し、何千ものグローバル企業がサプライチェーンで新疆に依存しており、同法案によって多くの製品が国境でブロックされる可能性があると伝えた。米中ビジネス協議会シニアディレクターのダグ・バリー氏もこのほど、「ウイグル強制労働防止法」はコロナ禍で打撃を受けたサプライチェーンに圧力を加え、すでに40年ぶりの高水準にある米国のインフレに拍車をかける可能性を警告した。