无标题文档

烏孫古道に輝く「高原の翡翠」天堂湖 新疆

2022-09-07 | ソース:人民網日本語版

日本語辞書:

 新疆維吾爾(ウイグル)自治区の烏孫古道にある天堂湖では、青空に雲が浮かび、湖面には波がきらめき、静かで澄み切った湖水と高山の草原が、訪れた人が名残惜しく立ち去りがたいほどの美しい風景を織りなしていた。人民網が伝えた。

 標高3100 メートルの地点にある天堂湖は、総面積 2.81 平方キロメートル。烏孫古道のトレッキングで必ず訪れるべき場所であり、烏孫古道で最も代表的な観光スポットでもある。青空と白雲のもと、太陽の光が山の向こう側から差し込み、美しい湖面に山の影が逆さに映り、山水が一体となった風景は、遠くから見るとまるで高原に嵌め込まれた翡翠のようにも見える。

 烏孫古道は、南は新疆ウイグル自治区阿克蘇(アクス)地区拝城県から始まり、天山山脈を越え、北は伊犁哈薩克(イリ・カザフ)自治州特克斯(テケス)県に至る。国内でも有名なトレッキングコースの一つであり、沿道では高山の草原や峡谷、雪山、川などの美しい景色を楽しむことができる。(編集KM)