无标题文档

多くの宗教の集中地

2009-11-23 | ソース:人民网

日本語辞書:

 新疆には歴史上、仏教、景教、マニ教とイスラム教が新疆に伝わったことにより、新疆は世界で唯一つの四大宗教の共存地となった。 

 西暦1世紀に、仏教は新疆を通ってシルクロードに沿り、中原各地に伝わったが、景教とはキリスト教のネストルウス派で、西暦6世紀に新疆に入った。考古学者によると、古代の新疆では、この景教が盛んであっただけでなくて、景教の中心的存在の一つであったという。その後、イスラム教は広まるに連れ、景教は新疆から姿が消した。そして西暦694年に、マニ教が中国に入った。のちの19世紀以降、敦煌の莫高窟や新疆のトルファンで多くのマニ教の書物が発見されたが、これはマニ教が中国西北部各地に広がり、その影響は深かったことを物語っている。またイスラム教は西暦10世紀の半ばにシルクロードに沿って、カシュガルに入り、16世紀から17世紀までに、イスラム教は新疆地区のいたるところに伝わったのでアル。現在、新疆地方ではで、ウィグル族、カザフ族、ホイ族、ウズベク族、キルギス族、タジク族、タタール族など10の少数民族がいずれもイスラム教を信仰している。