无标题文档

春の耕作シーズンを迎えた新疆の「スマート農業」

2019-04-26 | ソース:人民網日本語版

日本語辞書:

 新疆生産建設兵団第六師団共青団農場の綿花畑では、農業機械オペレーターが北斗測位システムを搭載した多機能一体型自動操縦正確種まき機を操縦し、種まきを行った。新疆北部地域は現在、春の耕作と種まきに追われる忙しい時期を迎えている。畑の各所で、スマート農機が忙しく働く姿が見られる。新疆の2018年の農作物耕種・収穫の総合機械化水準は84.68%に達し、全国平均水準を17ポイント上回った。綿花の機械収穫面積は前年比50%増の72万ヘクタールにのぼった。新華網が伝えた。(編集YF)