无标题文档
夏の首都を彩る新疆の歌舞
6月23日、新疆ウィグル自治区和田市玉都文工団のダンサー達が、北京園林博覧会で新疆の民族歌舞『闐舞四季』(四季の歌舞を踊るという意味)を上演した。
舞劇『水中洛神』、新疆人民大会堂で上演
7月24日夜、鄭州市歌舞劇院による舞劇『水中洛神』が、新疆人民大会堂で上演された。曹操の息子曹植の名作品『洛神賦』に基づいて、曹丕と曹植兄弟二人の間の紛争や二人と密接な関係がある美人甄宓氏の運命を筋立てとした『水中洛神』は、「詩、書、礼、楽、舞」を120分間のこの舞劇に巧みに溶け込み、広大な戦争場面と人々の心打てる画面を備える作品を視聴者達に捧げた。
第三回中国新疆国際民族舞踏祭が開幕
7月20日、第三回中国新疆国際民族舞踏祭が、ウルムチ市内の新疆人民会堂で盛大に開幕した、数百人によって演じる大規模なミュージカル「情暖天山」が開幕式で出演された。
再び卒業シーズンを迎えた ウルムチ
7月11日、子供達がウルムチ市内の十月劇院でカザフ族の舞踏「白羽毛」をしている。当日、新疆ウルムチ市の渓荷幼児集団で、286人の子供達が卒業式を迎えた。卒業式に出席してきた親と先生のために、子供達が心を込めたパフォーマンスを捧げた。
刀郎郷で「刀郎」芸術を鑑賞 新疆
7月13日、新疆麦蓋提県央塔郷で、刀郎ムカムの民間職人達が刀郎ムカムの曲を歌っている。当日、刀郎の伝統文化を展示する名勝地とする「刀郎郷里」観光地が、麦蓋提県央塔郷でオープンした、新疆や全国からの観光客を引き付けた。