魅力的な阿克蘇市

アクス地区( - ちく)は中華人民共和国新疆ウイグル自治区に位置する地区級行政単位。古来よりシルクロードの重鎮であるオアシス都市アクスを中心とする。人口ではウイグル族が74.6%、漢族が24.1%を占める。
古くからシルクロードの要衝として栄えたオアシス都市である。漢代の姑墨国の地であり、のち亀茲国に支配された。唐代に姑墨州が設置されている。 清代に乾隆帝がジュンガルの乱を平定し、清の支配下に入ると、阿克蘇道が設置された。これがアクスの名の始まりである。 清末に温宿県に再編され、1913年アクス県が分置された。1983年に県を廃して市制が施行された。
天山南麓、タクラマカン砂漠北縁に位置し、東はバインゴリン·モンゴル自治州と接し、南はタクラマカン砂漠を隔ててホータン地区を望む。西南はカシュガル地区、西北はキルギス共和国及びカザフスタン共和国と国境を接する。

阿克蘇印象
観光地
果物
美食
協力    |    about us    |    連絡先
このウェブサイトの著作権は五洲伝播有限公司にあります。