習主席、ウルムチ「5・22」暴力テロ事件で指示
北京時間の22日朝7時50分頃、ナンバープレートをつけていない車2台が、新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある公園近くの朝市で市民に突っ込み、その後、車は爆発炎上しました。これまでに、31人が死亡、90人余りが負傷しました。これを受け、習近平国家主席は直ちに、負傷者の救助と治療を確実に行い、パトロールを強化し、連鎖反応の発生を防止するよう指示を出しました。同時に、事件を迅速に捜査、解決し、テロリストを厳しく懲罰するよう、指示しました。更に、テロ活動とテロリストに対して長期的に警戒を続け、厳しく取り締まり、全力を上げて社会の安定を維持しなければならないと強調しました。
習主席と李総理、ウルムチ市「5.22」テロ爆破事件で重要な指示
習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は、知らせを聞いて直ちに重要な指示を出し、早急に事件を解明し、テロリストを厳しく処罰し、連鎖反応の発生を防ぐように求めた。国務院の李克強総理(中共中央政治局常務委員)は、ウルムチ市で再度テロ事件が発生し、多くの罪のない人々が死傷したことについて、全力で負傷者の救助・手当を行い、事件の後処理を上手く行うと同時に早急に事件の真相を究明し、テロリストを逮捕する。また引き続き治安維持を強化し、手薄な部分を見直し、連鎖反応が発生しないように厳しく取り締まり、社会がパニックに陥ることを回避し、人民の生命・財産の安全や社会秩序の安定を維持していくことを求めた。
中国政府は「テロリストを取り締まる能力を持つ」
新疆ウイグル自治区ウルムチ市で起きた暴力テロ事件に対し、中国外務省の洪磊報道官は22日、「中国政府は、はびこるテロリストを取り締まる強い意思、能力を持っている。テロ事件を起こす彼らの目的は、絶対達成しない」と述べました。
中国、「テロリストの気勢を断固として打ちのめす」
新疆のウルムチで22日に起きたテロ事件について、中国外務省の洪磊報道官は23日、北京での記者会見で「中国はテロリストの気勢を断固として打ちのめし、民族の団結、国の統一と法律の尊厳を守る」と述べました。
新疆主席 「5.22」暴力テロ事件についてテレビ演説を行い
22日午後、ウルムチで「5.22」暴力テロ事件が起きたことについて、新疆ウイグル自治区のヌル・ベクリ主席はテレビ演説を行い、テロリストが犯した罪を「もっとも厳しい非難」を表明、今回の暴力テロ事件ので無くなった無辜の犠牲者に哀悼の意を表し、犠牲者の遺族と負傷者に親しみがある見舞いの言葉を述べた。
新疆各民族、暴力テロ事件を強く非難
中国の新疆ウイグル自治区ウルムチ市で22日起きたテロ事件により、多くの死傷者が出ました。新疆各民族の幹部は「新疆の安定を破壊する、いかなる企みもすべて無駄だ」と強く非難しています。ウルムチ市のある市民は今回の暴力事件を強く非難し、「政府がテロ行為の取り締まりへの力を強め、暴力活動を計画したり、組織し協力したりする勢力のすべてを捕まえるよう期待している」と話しました。
総合ニュース:国際社会がウルムチのテロ襲撃を強く非難
中国の新疆・ウルムチ市は22日にテロ襲撃事件が発生し、大量な人員の死傷をもたらした。国際社会はこの事件に対したいへん驚き、そして強く非難の意を表した。
国際社会がウルムチ市「5.22」テロ爆破事件を激しく非難
新疆ウルムチで22日に起きた重大な暴力テロ事件を、各国や国際組織は同日中に激しく非難。外国の多くの専門家や学者も、中国政府と中国国民が法にのっとってテロ活動に断固たる打撃を与えることへの支持を次々に表明した。
国際社会、ウルムチのテロ事件を非難
新疆・ウルムチで22日に発生したテロ事件を受けて、世界各国の華僑・華人はこれを厳しく非難しています。同時に、多くの海外メディアもこのテロ事件に非常に注目し、国際社会が共に努力し、断固としていかなる形のテロをも取り締まるべきだと示しています。
各国ウルムチ「5・22」暴力テロ事件を強く非難
中国の新疆ウイグル自治区ウルムチ市で22日発生したテロ事件に対して、ロシア・ハンガリー・パキスタンの政府および上海協力機構は強く非難すると発表しました。ロシア外務省はテロ撲滅に関して中国との協力を強化していくとの決意を表明したほか、ハンガリー外務省はいかなる形のテロリズムも強く非難するとの原則的立場を明確にしました。
ウルムチのテロ事件、世界から批判の声
ウルムチの市街地の市場で昨日、深刻なテロ事件が発生し、31人の死亡者と94人の負傷者を出した。これはテロリストが近年中国で起こした、最も血なまぐさい事件の一つだ。「環球時報」が伝えた。事件発生後、習近平国家主席は迅速な捜査・解決により、テロリストを厳罰に処するよう求めた。テロリストは22日、車で人をひきながら爆弾を投げ、世界から批判を浴びた。
ウルムチ市「5.22」テロ爆破事件、プーチン大統領が習近平主席に見舞い電報
ロシアのプーチン大統領は22日、ウルムチで起きた暴力テロ事件について、習近平国家主席に見舞いの電報を送った。プーチン大統領は「ロシアはこうした血腥い犯罪行為を断固として非難する。実行者と組織者は必ず逮捕され、しかるべき懲罰を受けると信じている」と表明。
ウルムチ市「5.22」テロ爆破事件、上海協力機構事務局長が非難声明
上海協力機構のメゼンツェフ事務局長は22日、中国・新疆維吾爾(ウイグル)自治区ウルムチ市で起きたテロ襲撃を激しく非難する声明を発表した。声明は「ウルムチ市で22日にテロ襲撃事件が起き、多数の死傷者が出た。上海協力機構事務局はこれに強い憤りと深い悲しみを表明する。われわれは犠牲者に深い哀悼の意を表し、遺族と負傷者に心からの見舞いの意を表する。われわれはこのテロ襲撃事件を激しく非難する」とした。
テロ勢力に対してはゼロ容認しかありえない
ウルムチ市内で22日、暴徒の運転する車が朝市の人混みに突っ込んだうえ、爆発物を起爆し、民衆多数が死傷した。今年3月1日に昆明駅で起きたテロ事件、4月30日にウルムチ南駅で起きたテロ事件に続く、人間性を喪失した、人々を激怒させる血腥い犯罪行為だ。22日のテロ事件でテロリストは極めて卑劣かつ残忍な手段によって、罪のない人々を無闇に殺害した。基本的人権を無視し、人類の道義を踏みにじり、人類社会共通の秩序と人類文明共通の最後の一線に挑戦するテロ勢力の凶悪残忍な本質が再び暴露された。
新疆 暴力テロ活動の撲滅に向けた通告を発表
新疆維吾爾(ウイグル)自治区高級人民法院、人民検察院、公安庁はこのほど共同で、「暴力テロ活動の法による厳重な取締りに関する通告」を発表した。同通告は24日より施行された。人民日報が報じた。
ウルムチで対テロ決起集会 軍と警察が共同で取り締まり
ウルムチ市は5月23日午後、決起集会を行い、対テロへの決意を示した。交通警察支隊の情報によると、午後6時、南湖路沿線の北から南、北門、南門、解放南路沿線、大湾北路沿線、人民路、和平北路沿線で交通規制が始まり、全ての車両の通行が禁止された。
ウルムチ市民、テロ事件の犠牲者を追悼
新疆ウイグル自治区・ウルムチでは23日、前日に起きた朝市テロ事件の犠牲者を追悼するムードが高まっています。最新の統計データによりますと、このテロ事件で、罪のない市民、39人が死亡、94人が負傷したということです。 テロ事件発生現場の近くには、生花や写真が手向けられたほか、横断幕が掲げられ、「ご冥福をお祈りします。がんばろう、ウルムチ!テロ取締りに総動員!」などのスローガンが書かれています。
外交部、ウルムチ市「5.22」テロ爆破事件、外国人が死傷したとの報告はなし
外交部の洪磊報道官は22日の定例記者会見で、新疆ウルムチ市で同日起きた暴力テロ事件について「中国政府には暴力テロリストの増長した気炎に打撃を与える決意と自信と能力がある。彼らがテロ事件を引き起こす目的が何であろうと、思い通りになることは断じてない」と表明。現時点で外国人が死傷したとの報告は受けていないことも明らかにした。
新疆ウルムチの爆発で死傷者 1階の高さほどの炎が上がる
新疆維吾爾(ウイグル)自治区烏魯木斉(ウルムチ)市沙依巴克(サイバグ)区公園北街の朝市で22日午前7時50分頃に一連の爆発が起こり死傷者が出た。新華網と中国新聞網が伝えた。
ウルムチ市の爆発事件 死者31人負傷者90人超
2台のナンバープレートをつけていない自動車が5月22日7時50分頃、新疆ウイグル自治区ウルムチ市サイバグ区にある公園北街付近の朝市に突っ込み、爆発して炎上した。これまでに31人の死者、90人以上の負傷者が確認されている。
新疆ウルムチ、爆発が発生
北京時間の22日午前7時50分頃、新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある公園近くの朝市で爆発が発生し、死傷者が出ました。新疆自治区とウルムチ市の関係部門は迅速に対応し、負傷者は全員病院に運ばれました。現在警察は事件を捜査中です。
 
協力    |    about us    |    連絡先
このウェブサイトの著作権は五洲伝播有限公司にあります。