无标题文档
  • 中国海軍陸戦隊、新疆で夜間訓練を引き続き実施

    連日にわたり、中国海軍陸戦隊は新疆ウイグル自治区の某訓練基地で夜間訓練を実施している。
  • 新疆イリの国境防衛 雪の上で精兵を鍛える

    1月12日、新疆イリ武装警察国境防衛支隊は総合技能練兵活動を行った。1月の初めから、新疆イリ武装警察国境防衛支隊の兵士は、毎日戦術と身体能力の訓練を倦まず弛まずに続け、まもなく到来する第十三回中国全国冬季運動会の間の、国境防衛と安保の任務の完成に準備している。
  • 最低気温は氷点下52度、極寒の新疆で軍事訓練

    新疆ウィグル自治区のアルタイ軍分区駐屯地での最低気温は摂氏マイナス52度にまで下がるため、「2番目に寒い極地」と言われている。12月20日から24日にかけ、将兵たちは風や雪が吹きすさぶ国境線で、河川、氷河、山、谷を越え、5日連続昼夜を問わず26項目の適応訓練を行なった。
  • 新疆:特殊作戦部隊の尖兵が肌脱ぎで冬季訓練を行い

    11月23日、中国の新疆自治区・ウルムチ市の特警八支隊二大隊の特警隊員たちは雪の中で訓練を行っていた。同日、ウルムチ市は寒い風に覆われており、雪片がひらひらと空から舞い降りていた。ウルムチ市の特警八支隊二大隊の特戦尖兵たちは、意志力を鍛えるために、酷寒の中で冬季訓練を行い、ひいては肌脱ぎで訓練していた。
もっと見る