新疆コルラ市 酉年の燈籠を作り 元宵節を迎え
新疆コルラ市の民間芸人が酉年の燈籠を作り、元宵節を迎えた。
新疆ウルムチ 民俗で元宵節を祝う
新疆ウルムチの人々が灯谜をあてて、まもなくおとずれる元宵節(旧暦1月15日、今年は2月11日)を祝った。
今年は「吉」を呼ぶ干支 中国各地で見られる「鶏」の縁起物各種
今年は旧暦酉年、人々は鶏がモチーフのアクセサリーを身に着け、鶏をテーマとした各種芸術品を創作している。「鶏」と「吉」が同音異字であることから、今年の新春は、吉祥と美しさを表現する「鶏」の縁起物をあちこちで目にすることができる。
8400億元の使い道は? 今年の春節の小売外食消費
「インターネットプラス」が外食消費の新トレンドを牽引し、消費者は自分の好みを反映させたネット予約を選ぶようになった。春節連休に、安徽省、雲南省、新疆維吾爾(ウイグル)自治区の重点モニタリング外食産業企業の売上高は、安徽が同29.5%増加、雲南が同22.3%増加、新疆が同19.3%増加した。
新疆の春節連休 観光客151.4万人、観光収入16.1億元に
新疆ウィグル自治区の観光局によると、2017年の春節(旧正月、今年は1月28日)連休期間に、新疆で受け入れた観光客はのべ151.4万人に上り、観光収入は昨年同期と比べて14.8%増加し、16.1億元(1元は約16.4円)に達した。
新疆ウルムチ 満々たる春節の雰囲気
間もなく中国旧暦の春節になるので、新疆ウルムチでは「幸福」を祝う赤い提灯が飾られ、所々春節の雰囲気が漂っている。
新疆カシュガル市2017年のネットワーク春節の夕べが上演
1月21日の夜、新疆カシュガル市2017年のネットワーク春節の夕べが市内の銀瑞林ホテルで上演した。
新疆ホブクサル県でネットワーク春節の夕べが上演
1月18日、新疆ホブクサル県では2017年の第1回のネットワーク春節の夕べが上演した。
もうすぐ春節 正月飾りの売れ行き好調
春節(旧正月、今年は1月28日)が近づき、人々は新年を祝う正月飾りの春聯、中国結び、赤提灯などの買い物に大わらわだ。
 
協力    |    about us    |    連絡先
このウェブサイトの著作権は五洲伝播有限公司にあります。