无标题文档

8400億元の使い道は? 今年の春節の小売外食消費

2017-02-07 | ソース:人民網

8400億元。これは2017年の春節(旧正月、今年は1月28日)連休期間に、国内の小売企業と外食産業企業が達成した売上高で、前年同期に比べて11.4%増加した。新華網が伝えた。

これほどの金額がどこに使われたのだろうか。使い道からどのような消費トレンドが読みとれるのだろうか。商務部(商務省)が2日に発表したデータが、春節消費の「ロードマップ」を示してくれる。

▽買ったのは? あの手この手の正月用品、消費者は楽しくにぎやかに年越し

春節には、各地方の商務主管部門と大手商業貿易企業が入念にさまざまなスタイルの販促活動を展開した。休日消費市場は活況を呈し、人々は楽しくにぎやかに新年を迎えた。

四川省では「2017年川貨(四川省の製品)新春のごあいさつ」と銘打った一連のイベントが打ち出され、たくさんの企業や商店が名産品大連合展に参加し、「四川のお茶を味わい、四川の酒を飲み、四川の料理を食べ、四川の製品を買おう」とのかけ声の下、正月用品の販売促進ムードを醸成した。陝西省は「2017年新春正月用品ショッピング祭り」を開催し、新年の縁日、提灯祭り、グルメ展などを打ち出した。山西省は休日の旺盛な消費チャンスを着実につかみ、豊富で多彩な販促活動を積極的に展開し、重点企業は客足が前年同期比6.9%伸びた。

一連の通信販売プラットフォームはオンライン正月用品祭りを次々に展開し、春節連休期間には営業を停止しなかった。オンラインで買い物し、正月用品を家まで送ってもらうというスタイルが新しい流行・トレンドになった。

商務部がまとめたデータでは、春節連休の各地の重点モニタリング商業貿易企業の売上高は、安徽省で同15.5%増加したほか、雲南省は同12.7%増加、広西チワン族自治区は同11.5%増加、青海省は同11.3%増加した。

▽使い道は? グリーン・エコ商品が人気、消費が質向上・バージョンアップ

春節連休には、伝統的な正月用品、グリーン食品、季節の衣類、金属ジュエリー製品、スマート・省エネ家電、新型デジタル商品の売り上げが好調だった。

商務部のデータをみると、春物衣類が市場に出回り、アパレル市場の売り上げが大きく伸びた。鄭州市の王府井百貨は衣類の売上高が同86.1%増加し、洛陽市の泉舜財富センターも同43.8%増加し、武漢市の群光広場は同28.2%増加した。

干支のトリモチーフの金属ジュエリー製品が人気を集め、甘粛省、河北省、安徽省の重点モニタリング企業の売上高をみると甘粛が15%増加、河北が12%増加、安徽が10.8%増加した。北京の菜百首飾では連日トリモチーフのアクセサリーが400点以上も売れ、売上高は同8%以上増加した。

スマートテレビ、省エネタイプ冷蔵庫、空気清浄機などの家電製品が人気で、青海省、山東省の重点モニタリング企業の家電製品売上高は青海が同30%、山東が同9.5%、それぞれ増加した。スマートフォン、タブレットコンピューターなどのデジタル製品が正月用品の新たな人気者になり、鄭州市の大商新瑪特、洛陽市の王府井百貨では通信関連製品の売上高が大商は同66.7%増加し、王府井は同15.9%増加した。

▽食べたのは? 大衆的で親しみやすく特色ある飲食品、自分好みのネット予約

一家団欒の会食、親族や友人が集まっての宴会が今年の春節外食産業市場の主役となり、親愛の情がつまっった年越し料理の宴会プランに予約が殺到した。「中華老字号」(中国の老舗ブランド)の全聚徳、便宜坊、狗不理などの年越し宴会は予約がなかなか取れず、安徽省のレストラン同慶楼は売上高が50%近く増加した。

大衆化した、特色ある、親しみやすくてお値打ちの飲食品が消費者の人気を集めた。データをみると、河南省の一連の外食産業企業が打ち出した600元(約9869円)の宴会パッケージが大変な人気となり、天津市の外食産業企業約60社による地元の天津料理、陝西省西安市の回坊文化風情街の売り出した特色あるグルメ商品も、大勢の「食客」たちに好評だった。

「インターネットプラス」が外食消費の新トレンドを牽引し、消費者は自分の好みを反映させたネット予約を選ぶようになった。北京の同和居飯店の持ち帰り用年越し料理セットの売上高は同約50%増加した。春節連休に、安徽省、雲南省、新疆維吾爾(ウイグル)自治区の重点モニタリング外食産業企業の売上高は、安徽が同29.5%増加、雲南が同22.3%増加、新疆が同19.3%増加した。

▽何をして遊んだ? 映画に旅行に縁日、文化活動もレジャーも正月ムードに

映画を見る、芝居を見る、伝統に浸る、縁日をぶらつく、アイス・スノーリゾートを楽しむのが、今年の春節で人気の過ごし方だった。

統計データをみると、春節連休の初めの4日間に全国の映画興行収入は24億元(約395億円)に上り、前年を上回ったほか、元日にあたる28日は単日の興行収入の記録を更新した。北京では縁日が19カ所、芸術展が21カ所で行われ、地壇と竜潭湖公園の縁日には連休初日からの5日間でのべ161万人が集まった。

「南で寒さを避け、北で雪を見る」のが今年の春節国内旅行の主要トレンドだ。海南省では連休初日からの5日間にA級観光スポット52カ所で受け入れた観光客がのべ200万人を超え、河北省、黒竜江省などでは氷上ラフティング、雪上綱引き、氷上そりリレー、カーリングなどさまざまなアイス・スノーアクティビティが行われた。海外旅行も引き続き人気で、春節連休期間の海外旅行客はのべ600万人を超えたと予想される。

各地の図書館や博物館も豊富で多彩なイベントを催し、たとえば中国国家図書館は「ともに築く中国の夢 ともに過ごす書物の年」という一連のイベントを開催し、対聯をテーマにした正月文化の展示という「大型プレゼント」を打ち出した。吉林省図書館は「年画は正月の民俗文化」という題名で文化講座シリーズを開催し、多くの人々がこれに参加して心を「充電」した。(編集KS)