无标题文档
  • 中欧班列で初のクロスボーダーEC物流専用列車「長安号」が西安に到着

    ドイツ・ハンブルクを出発した国際定期貨物列車「中欧班列」において、初のクロスボーダーEC物流専用列車「長安号」が21日、西安国際港務区西安鉄道コンテナセンター駅に到着した。
  • 中国の都市圏、東部・中部一体化が加速

    中国社会科学院財経戦略研究院はこのほど発表した報告書の中で、「改革開放政策実施以降、中国の都市の数が急増し、規模が急激に拡張したことで、都市圏内と都市圏間に産業空間の再構築が生じ、東部・中部一体化が強まっている」と指摘した。
  • 中国が白書「中国とWTO」 ますます開く開放のドア

    国務院新聞弁公室は28日、白書「中国と世界貿易機関(WTO)」を発表するとともに、記者会見を開いて白書について説明・解説を行った。会見では、商務部の王受文副部長(国際貿易交渉副代表を兼任)らが外界の関心を寄せる問題について質問に答えた。
  • 「一帯一路」の急行列車に乗る日本企業 中国は開放的

    日本メディアの報道によると、日本企業は最近、相次いで動きを加速させ、「一帯一路」(the Belt and Road)の急行列車に乗り込もうとしている。これについて外交部の耿爽報道官はこのほど、「ますます多くの日本企業が『一帯一路』イニシアティブに参加したいという積極的な態度を実際の行動に移しつつある。
  • AIIBにレバノンが加盟 加盟国87ヶ国に

    アジアインフラ投資銀行(AIIB)の理事会は26日に行われた第3回年次総会で、レバノンの加盟の意向を承認し、これにより加盟国が87ヶ国に増えたことを明らかにした。
  • 烏魯木斉発「中欧班列」センター稼働2年で1230本

    中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の烏魯木斉(ウルムチ)集結センターが完成して稼働するようになってからの2年間で、烏魯木斉発の列車は1230本に達した。烏魯木斉は中国内陸部市場と中央アジア市場、欧州市場をつなぐターミナルとして、その存在感が日に日に高まっている。
  • 東京で「一帯一路」めぐるビジネスフォーラム 日本政府に協力・連携促す 

    「一帯一路」(the Belt and Road)をめぐるビジネスフォーラムが24日、東京で開かれ、日本の学界や法曹界、経済界などの分野の専門家が参加した。参加者は中日関係が改善しているため、両国が「一帯一路」をめぐる連携の良い環境が整っているとし、日本政府に対して、チャンスを捉え、積極的に連携するよう呼びかけた。
もっと見る