无标题文档
  • 輸入博覧会で世界の台所を見学 食品エリアを訪ねて

    第1回中国国際輸入博覧会が11月5日に開幕し、130以上の国と地域から5000点以上の商品が展示される。うち、食品・農産品エリアには1000社以上の企業が参加し、各自特徴のある優れた特産物を紹介する。
  • 輸入博覧会は中国一流の開放水準を示している

    第1回中国国際輸入博覧会がまもなく開幕する。世界の82ヶ国と3つの国際機関が国家展に参加し、約130ヶ国の企業3千社あまりとバイヤー16万人が企業展に参加する。
  • 第1回中国国際輸入博覧会が開幕

  • 日本人専門家が見る中国国際輸入博覧会:経済のグローバル化、開放型の世界経済建設を目指して

    11月5日、上海において第1回中国国際輸入博覧会が開幕し、10日までの予定で開催される。日本でも、本博覧会に関するニュースが報じられ、世界約150の国と地域から約3,000社の企業が参加しているなかで、日本が約450社と国別で最多となっているという。
  • 中国が第1回国際輸入博覧会で開放拡大の姿勢を示す=日本メディア

     世界初の「輸入」をテーマとする国家級展覧会、第1回中国国際輸入博覧会が5−10日にかけ、上海市で開催される。習近平国家主席が博覧会の開幕式に出席し、基調演説を行った。日本メディアは本博覧会に注目している。
  • 「中国は誠意をもって開放を拡大」 海外メディアが習主席の演説を高く評価

    第1回中国国際輸入博覧会が5日に上海で開幕した。中国の習近平国家主席が出席し、「革新と包摂の開放型世界経済の共同建設」と題する基調演説を行なった。外国メディアは、習近平国家主席の基調講演を幅広く報道し、中国が開放拡大と世界貿易促進の誠意を示したと評した上、世界により多くの発展チャンスをもたらすとの見通しを伝えた。
  • 三大国際機関、中国の開放措置が世界に恩恵と評価

    第1回中国国際輸入博覧会が5日に開幕した。世界貿易機関(WTO)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行(WB)の三大国際機関の責任者が、同日開催の開幕式に合わせてコメントを発表し、中国の主体的な開放拡大と積極的な多国間貿易体系の維持を図る新たな措置が国際社会の信頼感を増強し、世界経済にプラスのエネルギーを注入したとの見解を示している。
  • 中国対外開放40年の歩みが示す3つの啓示

    第1回中国国際輸入博覧会が11月5日、上海市青浦区で開幕した。130以上の国から3000社余りの企業が多くの製品やサービスを出展し、光に溢れた中国開放の未来像を描き出している。
  • 第1回中国国際輸入博覧会、日本企業が450社で最多

    11月5日から中国・上海市で初開催される「中国国際輸入博覧会」に、日本からは約450社が参加する。日本経済新聞が伝えた。  日本企業は各国・地域で最多。パナソニックが次世代エコカー用の車載装置などを展示するなど、技術力や品質をアピールして中国でのシェア拡大につなげる。伊藤忠商事や丸紅などの総合商社も日本製食品などを展示する。
もっと見る