无标题文档

三大国際機関、中国の開放措置が世界に恩恵と評価

2018-11-07 | ソース:チャイナネット

日本語辞書:

   第1回中国国際輸入博覧会が5日に開幕した。世界貿易機関(WTO)、国際通貨基金(IMF)、世界銀行(WB)の三大国際機関の責任者が、同日開催の開幕式に合わせてコメントを発表し、中国の主体的な開放拡大と積極的な多国間貿易体系の維持を図る新たな措置が国際社会の信頼感を増強し、世界経済にプラスのエネルギーを注入したとの見解を示している。
 WTO事務局長のアゼベド氏は、上海で開催される輸入博覧会が世界へ重要なサインを伝えるとの見方を示した。具体的には、中国が世界貿易に果たす作用が持続的に増強していることと、中国が輸入を増やすことが世界経済にとって重要な意義を持つことを挙げている。今年は中国の改革開放実施40周年に当たる。中国が改革開放を進めるなかで、WTO加盟国となってWTOの仕事を支え、ますます重要な作用を発揮していると指摘。中国が、他の発展途上国と開発途上国が世界貿易体系に参与することを後押しし、各国が互恵協力から利益を得ていると評価した。
 IMF専務理事のラガルド氏は、「3つの橋」に例えて中国の絶え間ない発展が世界に貢献していると称賛した。第一の橋は、世界をつなぐ橋。中国が40年にわたる改革開放を通じて、この橋を建造し、自身だけでなく世界も変え、各国の生産率、イノベーション水準、生活水準を向上させたとしている。
   第二の橋は、繁栄に通じる橋。中国が主体的に経済のリバランス措置を講じ、経済成長の原動力を消費へ転換させていると指摘した。今年第1-3四半期の中国経済成長に対する消費支出の貢献率は78%に達し、5年前の約50%を上回った。また、中国の経常収支対GDP比率は、2007年の10%から約1%に低下した。
 第三の橋は未来につながる橋。中国が国際協力、特に貿易協力の模範になっていると評価した。保護主義が拡大するなか、各国が貿易紛争を和らげて、世界貿易体系を維持し、傷つけてはならないと指摘し。国際協力が一層必要とされ、貿易が経済繁栄につながるだけでなく、世界平和にも寄与するとの見解を示している。
 世界銀行総裁のジム・ヨン・キム氏は、中国が実現した貧困縮小の成果を高く評価した。40年間で中国人の1人当たり所得は25倍に増え、貧困脱却を果たしたの人数は、世界の貧困脱却者数の70%に相当する8億人超に上る。貿易自由化が発展途上国の貧困縮小に重要な作用を持ち、各国が貿易支援の改革を継続し、多国間体系を強化することで、共同繁栄を実現しなければならないと強調した。また、各国が、特にグローバル化から恩恵を受けていない人々に注目する必要があると指摘。国際社会が関連国の人的資本蓄積を後押しし、経済成長の強靭性、競争力、包摂性を高めなければならないとしている。
   ジム・ヨン・キム氏は、自身が最近、中国の貴州を視察した際、現地の貧困率が5年と経たずに30%から8%に低下しており、とても驚いたことを明らかにした。貴州の貧困が縮小した大きな要因について、貧困地域の農産物が電子商取引を通じて世界各地に売れるようになったと分析。その上で、中国国際輸入博覧会をきっかけに、世界市場体系による恩恵が世界中の人々に及ぶことを望むとしている。