无标题文档
新疆ウイグル自治区 イリ川に降る雪
12月13日、新疆ウイグル自治区のイリ川には小雪が降り続き、気温も下がっていた。自治区の気象台発表の天気予報では、12月12日午後から14日にかけ、北新疆の大部分と天山山区、南新疆西部の山岳部一部地域で小雪、中でもイリ川渓谷、チョチェク市、アルタイ地域で一部大雪になるという。
冬の新疆喀納斯を訪れる
喀納斯は新疆維吾爾(ウイグル)自治区で最も有名な風景観光区だ。冬には山地は大雪で覆われ、人跡が途絶える。ここ数日の大雪で村は再び雪に覆われ、水墨画のような風景を見せている。臥竜湾や月亮湾の静けさは一年の英気を養っているかのようだ。喀納斯湖には山や松林が映り、清清しい印象を与えている。
新疆博湖県 砂漠の降雪
博斯騰湖は中国最大の内陸淡水湖で面積は1600平方キロメートルに及ぶ。南岸付近には様々な高さの砂の山や、流動する砂丘、半固定の砂丘、ピラミッド型の砂丘の連なりなどがある。冬になると博斯騰湖は氷結し、湖畔の砂丘の上にも粉雪が積もり、砂丘と雪が織り成す独特の美しい風景が見られる。
雪の中の駱駝、新疆
11月29日前後、中国の多くの地域で冬入りの初雪を迎えてきました。新疆のブルキン県の郊外でえさを探している駱駝。当日、新疆のアルタイ地区に再び雪が降りました。真っ白な雪の中、道路の傍でえさを探す駱駝はすでにこの地域の美しい風景となっています。
新疆額璽斉斯河の流氷
額璽斉斯河は新疆阿爾泰山東地区の南山麓から流れ出る、我が国で唯一東から西へと流れる大河で、「逆流川」とも呼ばれている。中国で唯一北極海に流れ込む川でもあり、新疆第2の大河と呼ばれている。川は新疆の哈巴河県内を190キロメートル以上にわたって流れ、沿岸の美しい風景から「銀水」とも呼ばれている。
新疆阿勒泰市 冬の美しい白樺林
12月下旬、北部の阿勒泰市は本格的な冬を迎えた。一面の銀世界の同市周辺では、白樺林が美しい風景を見せていた。同地には多くの天然の白樺林があり、木々は季節の変化にともなって色彩や様子を変え、毎年国内外から多くの観光客が訪れている。写真は、白樺は一般に寒帯から温帯に生えるが、極寒の環境に適応するために独特の高い品質を備えた白樺林。
新疆福海冬の狩猟文化観光祭
新疆維吾爾(ウイグル)自治区福海県では15日、第7回冬の狩猟文化観光祭が烏倫古湖の厚さ50センチの氷上で行われた。哈薩克族の女性の阿娜爾古麗さんが白い民族衣装姿で、氷で作られた直径1.5メートルの凸レンズを利用して聖火を採集し、現場の巨大な聖火トーチに点火した。
新疆 鞏乃斯河の冬景色
新疆維吾爾(ウイグル)自治区の鞏乃斯は国家級森林公園で、新疆の巴音郭楞蒙古自治州和静県、鞏乃斯河の上流に位置する。海抜1600メートルから2400メートルの地域に位置する同地では冬は一面の銀景色が広がり、原生の生態が至る所で見られる。
新疆哈密 竜の雪の彫刻で辰年を迎える
旧暦の辰年を目前に控え、新疆維吾爾(ウイグル)自治区哈密の東天山の麓に位置する松樹塘スキー場の入り口に、長さ約40メートル、高さ約10メートルの2匹の巨大な竜の雪の彫刻が登場した。
新疆哈巴河県 雪の後の樹氷の美しい風景
哈巴河県の西4キロの場所にある白樺林は国家級森林公園、AAAA級風景区で、総面積5万5446ヘクタールに及ぶ中国北西地区最大の天然の白樺林だ。「北西一の樺林」と呼ばれるこの林では冬になると、白樺や青い松に透き通った樹氷が発生し、きらきらと輝く樹氷が風の下で揺れる姿は、またたく星のように美しい。おとぎ話か水墨画の世界のような風景は我を忘れるような美しさだ。