无标题文档

新疆

2009-11-24 | ソース:

 新疆は典型的な温帯大陸性干ばつ気候に属し、日照時間が長く、昼夜の温度差が大きい。霜降期はなく、年間太陽エネルギー輻射量はチベットに次いで国内第2位を誇り、農作物の生長に非常に有利な地。地表水の年間径流量は約 884 億立方メートル、地下水汲み上げ可能量は 252 億立方メートル、氷河面積は2万 4000 平方キロ、貯水量は約2兆 5800 億立方メートル。日照時間は平均 2600 - 3400 時間。 2003 年末現在、農林牧畜業に利用可能な土地は 6800 万ヘクタール余りで、総面積の約 41.19 %を占める。開墾可能な土地は 933 万ヘクタール、耕地は 407 万 8700 ヘクタール。利用可能な天然草原は 4800 万ヘクタール、人工草原は 66 万 6700 ヘクタールに達し、国内5大牧畜地の1つである。林業用地は 483 万 9300 ヘクタール(林地は約 153 万 3300 ヘクタール)、林木蓄積量は2億 5000 万立方メートル。大気の質は1・2級の日数が 63.4 %を占め、以前より 5.3 ポイント上昇した。3級は 17.8 %で、同 3.9 ポイント下降。4・5級は 18.8 %で同 1.4 ポイント下降した。

 現在、各種自然保護区は 26 カ所を数える。うち国家クラスの自然保護区は阿尓金(アルキン)山自然保護区、巴音布魯克(バインブルク)白鳥自然保護区、喀納斯(カナス)自然保護区、西天山自然保護区、甘家(ガンジャ)湖梭梭(灌木の1種)林自然保護区、託木爾(トゥオムア)峰自然保護区、羅布泊(ロブボ)野生ラクダ自然保護区の7カ所を数え、保護区総面積は 20 万 4200 平方キロ。国家クラスの生態モデル区は8カ所、生態モデル試験建設区と事業体は8件。煙・塵埃制御区は 58 カ所に達しており、面積は以前より 0.2 %増えて 351.9 平方キロ。環境騒音指標達成区は 39 カ所、面積は同 5.0 %増えて 315.2 平方キロに達した。

 鉱物資源の種類は多岐にわたり、埋蔵量は豊富で、開発の将来性は大きい。確認された資源は 138 種にのぼり、5種類で全国トップ、 24 種類で全国ベスト5、 41 種類が全国ベスト 10 、 23 種類で西北地区のトップ。石油や天然ガス、石炭、金、クロム、銅、ニッケル、希有金属、非金属などの埋蔵量は豊富である。石油埋蔵量は 208 億 6000 万トンで、全国の陸上資源量の 30 %、天然ガスは 10 兆3 000 億立方メートルで、同 34 %を占める。石油・天然ガスの潜在開発量は巨大で、長期的に見てかなりの量を誇る。石炭の予測埋蔵量は2兆 1900 億トンで、全国の 40 %。金や宝石類、玉石などの種類も豊富で、内外にその名を馳せている。

 観光資源も豊かで独特である。『中国観光資源調査規範』の資源分類によれば、 68 種類の基本タイプのうち新疆は 56 種類を有して全国のトップにある。その自然景観は非常に希少だ。氷河と砂漠が共存し、ゴビとオアシスが隣接し、自然の風貌は荒々しく、独特の景観を呈している。景勝地としては天池、カナス湖、博斯騰(ボストゥン)湖、賽里木(サイリム)湖、バインブルク草原などが有名。名所旧跡も多い。「シルクロード」は世界にその名を知られ、古城池や古墓、千仏洞、古屯田遺跡などが南北、中部の幹線道路上に大量に残っている。なかでも交河故城や高昌故城、楼蘭遺跡、克孜爾千仏洞、香妃墓などが内外に有名だ。新疆ウイグル自治区は多民族居住区であり、各民族の文化や芸術、習俗が民族色濃厚な景観を形成している。これが内外の観光客にとって最大の魅力だ。