无标题文档

新疆の牧畜業

2010-04-23 | ソース:

 新疆は家畜の種類が多いことから中国の最も重要な牧畜地区の一つとなっている。昔から馬の産地として知られているほか、綿羊を主とする家畜の飼育も盛んである。また、牛、羊、ロバ、ラクダ、ヤクなども多く飼育され、家畜総数は4000万余りに達し、羊肉の産出量は中国二位となっている。

 新疆の天然の草地の総面積は57万平方キロで、農林牧畜用地の総面積の87%を占めている。天然の草地は牧畜業を発展させる最も基本的かつ重要な生産資材であり、家畜飼育数と畜産品生産量の7割は草地に頼っているのだ。

 新疆はまた中国の牧畜業における新品種の開発地であり、新疆細毛羊、中国ベリヌ羊、新疆ラム、新疆褐牛、イリ馬、イリ白豚、新疆黒豚など地元が開発した新品種がある。これら新品種はそれぞれ独特の生物学的特性と高い経済効果を有し、新疆だけではなく、中国の貴重な牧畜資源となり、重要な遺伝子タンクともなっている。