无标题文档

新疆の農業

2010-04-26 | ソース:

  新疆の土地資源は非常に豊富であり、日照時間も長く、地元住民は水資源のよいところで有名な「オアシス農業」を始めた。新疆の農作物は主に、小麦、トウモロコシ、水稲であり、経済作物には綿花、甜菜、ホップなどがある。新疆は中国最大の綿花の優良種「長絨棉」の生産地であり、その生産量は全国の95%以上を占めており、品質もエジプトの「長絨棉」と肩を並べることができる。したがって、新疆は中国の綿花生産で極めて重要な位置を占めている。
  新疆は昔から「果物の里」という美称があり、中国では、果物の栽培面積が最も広く、その品種は多く、品質も最もいい。新疆でよく見られる果物には葡萄、メロン、スイカ、りんご、梨、あんず、モモ、ざくろ、さくらんぼ、イチジク、クルミ、パタンあんずなど温帯の果物のほとんどがある。そのうち、トルファンの葡萄、ハーミーメロンなどは独特な風味があるほか、糖分の含有量も非常に高い。
  ここ数年、新疆の農業は次第に産業化され、トマト、甜菜、にんじん、紅花、唐辛子、葡萄、彩棉糸を原料とする一定の規模をもつ産業チェーンがすでに形成されている。