无标题文档

新疆の発展に対する国の支持

2009-11-24 | ソース:

 新中国の成立以来、「中華人民共和国憲法」の規定により、中央政府は辺境地帯の少数民族地区が政治、経済、文化を発展させ、各民族がともに豊かになる道を歩むように援助することを基本的国策としている。

 新疆への固定資産投資を増やしている。中央政府はその制定、実施した第10次五カ年計画の中で、終始新疆のインフラ建設、農業の基盤施設建設、近代的工業体系建設などを国の重点的建設プロジェクトとし、計画の順調な実施を保障するため、一連の優遇と特殊な政策を制定、実行した。新中国成立後の50余年来、国の大きな支持の下で、新疆は大規模な投資と建設を行い、1950年から2001年までの間に、全社会の固定資産投資は累計5015億1500万元に達し、そのうち、中央政府の投資は2662億2300万元で、同期の全社会投資の53.1%を占め、完成して操業に入ったプロジェクトは累計9万余件に達し、その中に、178件の大中型プロジェクトと多くの新疆の経済発展に重要な影響力を及ぼすプロジェクトが含まれており、新疆経済の持続的成長を支持するためにしっかりした基礎を築いた。

 新疆に財力の面から大きな支援を与える。初歩的統計によれば、新疆ウイグル自治区が成立した1955年から2000年までに、中央政府が新疆に与えた財政補助金は累計877億4100万元に達した。特に1996年以来、中央政府の財力増強および西部大開発戦略の実施にともない、中央政府が新疆に与える一般的財政補助金は年を追って増加し、1996年は59億700万元、1997年は68億3800万元、1998年は80億1200万元、1999年は94億元、2000年は119億200万元、2001年は183億8200万元である。中央政府はまた各種の特別財政移転支出、民族優遇政策による財政移転支出を通じて資金の投入と支持を大きくしている。

 自治区政府の国際金融組織や外国政府借款の積極的利用を支持する。2001年末現在、中央政府の支持と按配の下で、自治区が完成したかあるいは実施中の世界銀行借款プロジェクトは22件あり、投資総額は17億9895万ドルで、現行の為替レートで人民元に換算すると149億3128万元に相当する。3社の中外合資企業はアジア開発銀行借款552万4000ドルを使用するのを認められた。カナダなど数カ国と政府金融機関借款の利用額は4億1067万ドルに達し、発効して実施中と完成したプロジェクトは68件ある。国際組織と外国政府借款の十分な利用は、新疆の経済発展を促進することに対し積極的かつ重要な役割を果たしている。