无标题文档

優秀な専門技術人材を養成

2009-11-24 | ソース:

 新疆のために優秀な専門技術人材を養成し、送り込む。新中国の成立以来、新疆がわりに辺ぴで立ち遅れ、高資質人材が足りないという困難に照らして、政府は内地から80万余人の知識人と専門技術者を新疆に配属し、転勤させ、工業、農業、教育、文化、科学研究、医療衛生などの業種に多くの大学卒業生、科学技術者および高学歴の専門人材を送り込んだ。これらの専門人材は新疆の現代化建設事業に優れた貢献をした。

 1989年から、中央政府は内地の80余校の大学を組織して新疆を支援し、新疆の少数民族の大学本科と専門科の学生を1万人募集し、大学院生を640人養成し、教師と少数民族教育行政管理幹部を860余人訓練し、少数民族の経済と企業管理幹部を1400人訓練し、一定人数の少数民族訪問学者を外国に派遣して研修させた。2000年から、北京、上海、天津、南京、杭州、広州、深セン、大連、青島、寧波、蘇州、無錫など12の発達した都市は所属の省クラス重点高校に新疆高校クラスを設け、毎年1540人の新疆の少数民族の生徒を募集し、政府はこれらの在校生に財政補助を提供している。

 全国の他の省、自治区、直轄市は新疆を力強く支持している。数十年来、新疆は各省、自治区、直轄市から大量の技術と人材の支援を受けた。新疆の工業企業の発展が立ち遅れた状況の下で、中央政府は東南沿海の発達地区の一部の企業、工場を新疆に移転させ、内地の技術者を新疆の建設したばかりの中堅企業に転勤させ、そしてまた多くの少数民族の労働者を内地の先進的企業に送って研修、実習させるなどして、短期間に新疆のために工事技術中堅を多数養成した。改革・開放実施以来、社会主義市場経済システムの逐次確立にともない、新疆と東部沿海地区の省、自治区、直轄市との経済技術協力と交流および人材の相互流動は日増しに盛んになり、拡大され、市場を方向とし、資本をきずなとし、「物資と人材の流動」を特徴とし、強みの相互補完を原則とする新疆の経済・社会発展を支援する新しい形式が急速に形成され、特に近年来、中央政府の要求に従って、北京、上海、広東、山東、浙江など20余りのわりに発達した省、直轄市の新疆の各地区、自治州、市に対する対応支援は著しい成果をあげた。