无标题文档

医療・衛生事業は快速に発展している

2009-11-24 | ソース:

  医療・衛生事業は快速に発展している。1949年、新疆に医療機構は54ヵ所、ベッドは696床しかなく、1万人あたりのベッド数は1.6床、医者は0.19人しかなく、衛生機構は少数の市や町に集中していた。2001年、各種の医療・衛生機構は7309ヵ所に増え、そのうち、各種の病院は1357ヵ所、三級以上の病院は11ヵ所、ベッドは7万1000床で、1万人あたりのベッドは35.1床である。医療・衛生専従技術者は9万7500人おり、そのうち、少数民族の医療・衛生技術者は3万3600人で、1千人あたりの医者人数、農業人口1千人あたりの郷・鎮診療所ベッド数と医療・衛生関係者数はいずれも全国の平均水準を上回った。広大な農業区と牧畜区では県・郷・村3クラスの医療・予防保健ネットワークが初歩的に形成されている。現在、全自治区の85の県(市)に残らず病院、衛生防疫ステーション、婦女子保健機構が設けられ、すべての郷に診療所があり、すべての村に医療室があり、農民と牧畜民が医者に診てもらえず、薬がなく、病気にさいなまれる歴史に終止符が打たれた。いまでは医療水準は大幅に向上し、自治区および地区、自治州の一部の大きな病院は近代的診療設備が装備され、医療の専門科目が日増しに完備し、多くの難病は自治区内で治療できるようになった。全自治区には衛生防疫ステーションが207ヵ所、風土病などの専門の予防・治療所(ステーション)が17ヵ所あり、これまで各民族の人々の健康に危害を及ぼす風土病と伝染病は基本的に撲滅された。自治区、県(市)、郷(鎮)を単位とする計画的免疫接種率は85%に達し、伝染病の発病率は著しく低下した。中央政府の関心の下で、自治区は大規模な水質改良による病気予防プロジェクトを実施し、段階的成果をあげ、受益人口は850余万人に達し、そのうち、水道水を飲用する人口は810万人に達している。婦女子の衛生保健は重視され、農村では新法による出産率が70%以上、入院しての出産率が約50%に達し、妊産婦の保健管理カバー率は都市部では90%、農村では50%に達し、児童の保健管理カバー率は都市部では70%、農村では30%に達している。