无标题文档

習総書記、法による新疆の建設を強調

2014-05-30 | ソース:CRI

 中国共産党中央の習近平総書記は、「経済発展と民生改善を基礎にし、民族の団結を促進することと、宗教過激思想の蔓延を抑制することを重点にして、法に基づいて新疆を治め、団結によって新疆の安定を維持し、長期的に新疆を建設し、各民族を団結して調和の取れた、繁栄かつ文明的な社会主義の新疆を建設するよう努力しなければならない」と述べました。

 中国共産党中央第2回新疆活動座談会が28日と29日の両日、北京で開かれました。習総書記は席上、「社会の長期的安定は新疆活動の主な目標だ。暴力テロ活動を厳しく取り締まることを重点に置き、国際の反テロ協力を強化しなければならない。各民族人民を最大限に団結して民族間の往来と交流を強化し、各民族の相互融合の社会構造とコミュニティー環境を構築すべきだ。就業を重要視し、雇用能力を強め、各民族人民の都会での就業を秩序よく促進する。また、教育を優先的に考え、政府の教育経費を新疆により多く投入すると共に、貧困扶助への資金投入にも力を入れていく。新疆に対する支援は国家戦略であり、それを長期的に堅持し、新疆への支援活動を民族団結強化のプロジェクトにするべきである」と指摘しました。(玉華、kokusei)