无标题文档

歴史の変革

2009-11-23 | ソース:人民網

  2000年余り前から、新疆は統一した多民族国家である中国の一部となっている。紀元前60年、漢王朝は西域都護府を設立したことから、新疆は前漢の直接管轄下に置かれた。現在のバルハシ湖とパミール地区も当時の西域都護府の管轄範囲に入っている。

 いまから300年余り前の清代の中央政府は、新疆のイリー地区の恵遠城にイリー将軍府を設立して全新疆を支配していた。のちの1884年、新疆は省クラスの行政区となり、新疆と内地各省との連絡もより緊密になっている。

 1949年9月、新疆は平和解放され、同年の10月1日、中華人民共和国の成立によって、新疆は他の一級行政区と共に、民族自治権を持つ行政区域となっている。