无标题文档

歴代中央政府の新疆に対する管理

2009-11-24 | ソース:

 新疆と中原地区は昔から密接な関係がある。前漢の初期に、西域各地は匈奴の統治下にあった。前138年、漢王朝の辺境地区で略奪を働く匈奴を撃退するため、漢王朝は張騫を使節として西域に派遣した。前121年、漢王朝の軍隊は河西回廊一帯に駐屯し、放牧していた匈奴軍を大いに打ち破り、漢王朝はその一帯に前後して武威、張掖、酒泉、敦煌の四郡を設置した。前101年、前漢王朝は数百人の軍隊を天山南部のロンタイ、ロプヌルなどに駐屯して農地開墾に従事させ、「使者校尉」という地方官吏を置いて統率させ、後に「使者校尉」は「護善以西使者」に改称された。

 前60年(漢の宣帝の神爵二年)、「西域都護府」が設置された。当時、匈奴の統治層内に動乱が生じ、西域を鎮守していた匈奴の日逐王賢は「その部下数万騎を率いて」漢王朝に帰服した。前漢王朝は鄭吉を「西域都護」に委任し、ウルリ(いまのロンタイ県にある)に駐屯させ、西域全域を管理させた。西域各地の首領と主だった官吏はみな前漢から官職を賜われた。西域都護府の設置は、前漢が西域で国家主権を行使し始め、新疆が中国の統一的多民族国家の一構成部分となったことを示している。

 後漢(25年~220年)政府は西域でまず「西域都護」を置き、そのあと「西域長史」を置いて、引き続き天山南北各地に対し軍政管理を行った。221年、三国(魏、蜀、呉)の曹魏(220年~265年)政権は漢王朝の制度を引き継ぎ、西域に「戊己校尉」を置いて、ゴーチャン(トルファン)を管轄させ、その後はまた西域長史を置いて、西域各地の多くの民族を管理させた。西晋(265年~316年)末年、前涼政権(301年~376年)創立者の張駿は軍隊を派遣して西域を征伐し、ゴーチャン地区を占領し、ゴーチャン郡を設置した。北魏王朝は善(シャンシャン)鎮、焉耆(イェンチー)鎮を設置して、西域に対する管理を強化した。

 隋・唐時期、中央政府は新疆に対する統治を強化した。6世紀末、隋王朝は中原を統一し、隋の煬帝(604年~618年在位)は即位してから、まず吏部侍郎の裴矩を張掖、武威へ派遣して西域との通商を主管し、西域の民情を調査させた。608年、隋朝の軍隊は伊吾(イーウ)に進駐して、城郭を築造し、善(シャンシャン、今のローチャン)、且末(チェモ、今の且末の南西にある)、伊吾(イーウ、今のハミにある)の三郡を設置した。

 7世紀初め、唐王朝は隋王朝に取って代わって興起した。630年、以前は西突厥に属していた伊吾(いまのハミ)城主は所属の七城を率いて唐王朝に帰順し、唐王朝は西伊州(後に伊州と改称)を設置した。640年、唐王朝の軍隊は突厥について唐王朝に反対するゴーチャンの麹氏王朝(501年~640年)を打ち破り、同地に西州を設置し、また可汗浮図城(Kaganbu、今のジムサル)に庭州を設置し、同年にゴーチャンに安西都護府を設置した。これは唐王朝が西域に設立した最初の高級軍政管理機構であり、後に庫車(クチェ)に移り、安西大都護府に改称した。唐王朝は西突厥を打ち破ったあと西域各地を統一し、702年庭州に北庭都護府を設置し、その後それを北庭大都護府に昇格させ、天山北麓と新疆東部地区の軍政事務を管理させ、安西大都護府に天山南部および葱嶺以西の広大な地区を管理させた。唐の玄宗(712年~756年在位)年間に、唐王朝はまた二大都護府の上に当時の全国八大節度使の一つである「磧西節度使」を置いた。