无标题文档

清朝政府の西域に対する統一の規模と管轄の範囲

2009-11-24 | ソース:

 清朝政府の西域に対する統一の規模と管轄の範囲。 1757年、清朝は西北地区を長期にわたって割拠したジュンガル政権を平定した。2年後、清朝はイスラム教アクタリク派首領の大、小ホジャ(大ホジャはブルハニディン、小ホジャはホジャジャハ)の反乱を平定し、西域各地の軍政管轄を強固にした。管理制度の面では、1762年に設立した「イリ将軍」で天山南北各地に対する軍政管轄を統一的に行使し、官衙を「恵遠城」(今のホーチョン県)に駐在させ、それぞれ都統、参賛、弁事、領隊大臣を置いて各地の軍政事務を管理させた。清朝政府は「その地の事情に適し」、「その地の風俗に基づいて管理する」という原則にのっとって、天山北部の漢族と回族の居住区に対し郡県制管理を実行し、イリ地区と天山南部各地のウイグル族に対しては現地の「伯克(Baeg)制」を維持したが、伯克(突厥語、地方官吏の称号)の任免権は中央に属し、政治と宗教を厳格に分離させた。蒙古族およびハミ、トルファン地区のウイグル族に対しては、王、貝子、公などの世襲爵位を封ずる「扎薩克(Jasak)(蒙古語で、支配者という意味)制」を実行した。清朝政府は役人の任用面では満州族を主とし、各民族の役人を併用する政策をとり、経済面では農業を主とし、農業と牧畜業を同時に発展させる措置をとり、租税を軽減し、財政定額補助を確定するなどの制度を実行した。清朝の統治期間に、新疆の社会と経済は着実な発展をとげた。

 1840年のアヘン戦争後、新疆はツァーロシアなどの列強の侵略を蒙った。1875年、陜甘(今の陜西省、甘粛省)総督の左宗棠が新疆の事務を監督、処理する欽差大臣に就任した。1877年の年末に、清王朝の軍隊は中央アジアのコカント汗国(Fergana)のアクパエが侵略、占領した天山南北の各地を次々と回復した。1881年2月、清朝政府はツァーロシアに11年も強行占領されたイリを回復した。1884年、清朝政府は正式に新疆に省を設置し、「故土新帰」の意を取って西域を「新疆」に改称した。新疆省の設置は清朝政府が歴代王朝の新疆管理に対する重大な改革である。その時から、巡撫が新疆全域の軍政事務を管理し、新疆の軍政中心はイリから迪化(今のウルムチ)に移った。1909年に至って、新疆省は4道を管轄し、道の下には6府、10庁、3州、21県または分県が設置された。こうして、新疆の行政制度は中原地区とまったく同じようになった。

 辛亥革命が勃発した翌年の1912年、革命党人がイリで策動した武装蜂起は成功をおさめ、新伊大都督府を設立し、イリ地区における清王朝の政治統治の終結を宣告した。民国政府は成立してから、新疆の防衛事務をたえず強化した。

 1949年9月25日、新疆は和平裏に解放された。全国解放の情勢が発展し、新疆各民族人民の革命闘争の情勢が盛り上がるに伴って、国民党新疆警備司令官の陶峙岳、新疆省政府主席のブルハン(包爾漢)は帰順を宣言し、中国人民解放軍第一野戦軍第一兵団が王震将軍の指揮のもとで新疆に進駐した。1949年10月1日、新疆各民族人民は全国人民とともに中華人民共和国の成立を迎えた。

 以上述べたことを総合すると、漢王朝が前60年に新疆に「西域都護府」を設置してから、中国の歴代中央政府はいずれも新疆に対し軍政管轄を行った。歴代の政権の統治がきつくなったり緩くなったりしたため、新疆に対する中央政府の管轄もきつい時もあれば緩い時もあった。新疆の各民族人民は中央政府との関係を積極的に維持し、中華民族大家庭の形成と強固のために自らの貢献をした。