无标题文档

少数民族文化を保護し発展させる

2009-11-24 | ソース:

 文化は民族の重要な特徴であり、民族の生命力、創造力、凝集力の重要な源でもある。少数民族文化は中華文化の重要な構成部分であり、中華民族共有の精神的な財産である。

 中国の『憲法』は、国が少数民族の特徴と需要に基づき、少数民族が各種の文化事業の発展を加速させることを支援すると規定している。中国政府は各種の政策・措置を通じて、少数民族文化を尊重し保護し、少数民族文化の伝承、発展、革新を支持し、各民族の文化交流を奨励し、少数民族文化事業を繁栄させ、発展させている。

 少数民族の言語文字を保護し発展させる

 20世紀50年代、国は少数民族の言語文字に対し調査を展開し、その状況をはっきりと理解した上で民族言語文字工作委員会と研究機構を設立し、民族文字の創造や改革を支援している。中国の55の少数民族のうち、回族、満州族が漢語を使用するほか、残りの53の民族はいずれも自民族の言語を持ち、22の民族が28種の文字を使用している。そのうち、チワン族、プイ族、ミャオ族などの12民族が使用する16種の文字は、政府の協力を得て創造、改革されたものである。現在、中国の少数民族中、自民族の言語を使用している人は6000万人に達し、少数民族総人口の60%以上を占め、自民族の文字を使用する人は3000万人に達している。民族自治地方には民族言語で放送するラジオ・テレビ局が154あり、中央と地方のラジオ放送局が毎日21種類の民族言語で放送している。民族出版社は1978年の17社から現在の38社に発展し、北京など14省(自治区、直轄市)に分布し、出版された少数民族文字は5種から26種にまで発展した。2008年に出版された少数民族文字による図書は5561種、6444万冊に達し、1978年に比べそれぞれ6.41倍と6.37倍増えている。内蒙古、新疆、チベットなどの民族自治区は、自民族の言語文字の使用と発展に関する規定や実施細則を制定し実行している。