无标题文档

少数民族の教育事業の発展を支持し、援助する

2009-11-24 | ソース:

 少数民族大衆に情報化時代の成果を共有させるために、国はさまざまな措置をとって、少数民族言語文字の規範化、基準化、情報処理作業の健全な発展に努めている。現在、国は蒙古、チベット、ウイグル(カザフ、キルギス)、朝鮮、イー、タイなどの少数民族文字の符号化文字集合、キーボード、フォントの国家基準を制定した。国際基準の最新版は、中国が提出した蒙古、チベット、ウイグル(カザフ、キルギス)、朝鮮、イー、タイなどの少数民族文字の符号化文字集合を正式に導入している。多種類の電子出版システムとオフィスオートメーションシステムを開発し、一部の少数民族文字のウェブサイトとウェブページも作られ、一部のソフトはすでにWindowsシステムで使用できる。

 少数民族の教育事業の発展を支持し、援助する

 中国政府は民族地区の教育事業の発展を一貫して重視している。新中国の成立後、会議を数回開き少数民族の教育事業を検討し配備した。『憲法』、『民族区域自治法』、『中華人民共和国義務教育法』のいずれもが、少数民族の教育事業の発展を支持し、援助する条項を明確に規定している。中央と地方各クラス政府の教育行政部門には専門の民族教育行政管理機構が設けられ、国の民族教育方針・政策の徹底的実行や特殊問題の処理検討に責任を負っている。中央と地方は民族教育特定補助経費を設置し、民族教育における民族や地域の特徴によって生じる経費支出の需要を解決している。特に改革開放政策の実施以来、民族地区では基礎教育、職業教育、大学教育および教師の育成、「双語(母語としての民族言語と漢語を指す)」教学、民族団結教育など各方面にわたりかつてないほどの発展をみた。2002年、国務院の作った『民族教育の改革深化と発展加速に関する決定』は、民族教育の改革と発展を加速させる方針、政策を明確にし、民族教育事業を発展させる手はずは全面的に整えられた。2005年に出された『国家教育事業発展「十一・五」計画要綱』は、区域を分けて計画し、分類して指導する原則を堅持することを明確に打ち出し、公共教育資源を農村、中西部、貧困地区、辺境地区、民族地区に傾斜させると強調している。