无标题文档

アトゥシュのブグラハンマザ(墓)

2009-11-23 | ソース:人民網

  スゥダン・スゥトゥク・ブグラハンマザは新疆地域のカラ王朝で初めてイスラム教を信仰したコハンスゥトゥク・ブグラハンの陵墓であり、新疆ウイグル自治区アトゥシュ(阿図什)市シゥンタク(遜塔克)郷に位置する。この陵墓は955-956年に築造され、新疆のイスラム教徒の最も早期の陵墓である。言い伝えによると、初めて建てられたアーチが崩れた後、九つの屋根の高いアーチが再建された。なお、イェルチャンハン国の時期と1872年にそれぞれ再建と拡充の工事が行われた。
 

  この陵墓はかなり典型的なウイグル族の建築物の風格があり、門楼とアーチはいずれも伝統的建築物の造型を取り入れたもので、素朴で奥ゆかしい。特に門楼の両側の塔状の柱は普通の塔状の柱と違い、塔状の柱は門楼より1倍も高く聳えだっており、人に深い印象を与えている。大きな礼拝殿の中に紋様の彫刻を施した柱が57本もあり、鮮やかで美しい。